やはり中国は凄い!トヨタのマイクロバス「コースター」に新型「アルファード」のオラオラ顔を移植した過激モデルが登場。車内はレクサス「LM」以上に豪華なファーストクラス仕様だ!【動画有】

2020-05-27

~ここまで「アルファード」感を強調するマイクロバスは中国だけだと思う~

中国にて、トヨタのキャブオーバー型マイクロバス「コースター(Toyota COASTER)」をベースに、フロントマスクにはフラッグシップミニバン・新型「アルファード(ALPHARD)」を移植したカスタムモデルが目撃されています。

Hajima Channelにて公開されている今回のカスタムモデルですが、やはりラグジュアリーミニバンを好む中国市場ならではと言いますか…フロントのオラオラグリルやフロントヘッドライトの形状やデザインも「アルファード」の特徴を上手く表現していて、隣の純正「コースター」とは全く異なる顔つきであることが確認できますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~だからといって手抜き感は無く、かなり考えられたカスタムモデル~

もう少し間近で見てみるとこんな感じ。
フロントグリルの面積が思った以上に大きく迫力がありますね。おそらくは新型「アルファード」と同じサイズ感なのだと推測。
フロントヘッドライトは二眼式LEDヘッドライトを搭載し、その両サイドにはウィンカーらしきものがありますね。

リヤデザインはこんな感じ。
エアロボディの「アルファード」をモチーフにしているからなのか、過激なルーフスポイラーを装着。こちらは中国のアフターパーツメーカーから購入したエアロパーツとのこと。
更にはリヤテールランプやマフラーフィニッシャーが埋め込まれたリヤバンパー等、結構細かいところもカスタムされているのがわかります。

続いてはインテリアを見ていきましょう。
この時点ではインテリアの雰囲気はわからないものの、前席と後席にパーティションが設けられている時点で、明らかに普通ではない車内であることがわかります。

~その豪華過ぎる車内を見ていこう~

それでは後席の入り口へ…
入口の時点から別世界感が漂いますね。
ブルーカーペットが備えられ、目の前に単独の本革キャプテンシートが設定されています。

車内に入ってみると、前席と後席の間には30インチほどの超大型ディスプレイが搭載され、しかもマイクロバスということもあって大型移動中はカラオケを堪能することも可能。
このモデルを製作したチューナーによれば、レクサス「LM300h/LM350」やトヨタ「アルファード」のロイヤルラウンジ仕様をイメージしているそうで、まるでファーストクラスのような豪華な車内に設計したそうです。

大型ディスプレイの下には、小型冷蔵庫や湯沸かし器も装備されていますね。

湯沸かし器の隣には大型タッチディスプレイが搭載。
エアコンやシート調整、ディスプレイのチャンネル設定も可能とのこと。

シートはまさにファーストクラスのようなラグジュアリー感。全て電動パワーシートや電動オットマン、更にはシートヒーター/ベンチレーション、マッサージ機能もフル装備とのこと。
これがあのマイクロバス「コースター」の車内とは思えないほどに豪華ですね。

もちろん、各シートにはリヤエンターテイメントシステムもフル装備。
HDMI端子も設けられているので、自身のスマホなどと接続して自分の好きな映像を見ることも可能です。

【2020 Most LUXURIOUS Toyota Coaster Business Class Interior Tour】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆