2010年式付近のトヨタ「ヴェルファイア」がとんでもない塗装剥がれ→保証対象外で無償修理できない問題が発生。更に「(120系)ランドクルーザー・プラド」の塗装剥がれ被害も【動画有】

2020-05-27

~まだまだ出てくるであろう「ランドクルーザー・プラド」の塗装剥がれ~

さて、以前より度々大きな問題となっているトヨタのホワイトパール007塗装剥がれ問題について。
トヨタは既に、2010年付近に製造された「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」を対象に、無償修理を実施するサービスキャンペーンのアナウンスを行っているものの、リコールではないため顧客にはハガキでの通知案内や電話での対応も行っていないのがほとんど。

その他にも、サービスキャンペーンの対象外となる「プリウス/ノア/シエンタ/ランドクルーザー・プラド/ラクティス」でもとんでもない塗装剥がれが発生していますが、今回は保証対象と思われていた2010年式付近の「ヴェルファイア」が、とんでもない塗装剥がれを生じながらも保証の対象外という扱いを受け、新たに「(120系)ランドクルーザー・プラド」のホワイトパール塗装剥がれ報告も入ってきています。

まずは一つ目の報告事例として、上の画像の通り2010年式「(120系)ランドクルーザー・プラド」に塗装剥がれが発生。
発生個所としては、フロント窓枠上部と運転席窓枠付近、更にはルーフの塗装剥がれが発生しているとのことですが(上の画像はルーフ部分でタッチペン補修した後)、次第に塗装剥がれが広がってしまっているとのこと。


~ディーラーとメーカーの回答は定番の「保証の対象外だから」~

こちらは運転席窓枠付近。
画像提供者曰く、今回発生した塗装剥がれについて一度ディーラーに相談したところ、「保証の対象外」という理由で無償修理を対応してもらえなかったとのこと。
更にこの後、メーカーにも問い合わせをされたそうですが、こちらも同様の回答しか得られなかったとのことで、かなり困惑していたそうです。

仮に対象外であったとしても、同じ2010年式付近で、同じ塗料を使用していながら、対象車両ではないから無償修理できないという回答は納得できるものではありませんし、”なぜ対象内・対象外を区別したのか?なぜ対象外は無償修理ができないのか?”が気になるところではありますね。

~まさかの2010年式「ヴェルファイア」が保証の対象外?!~

続いては2010年式付近に製造されたホワイトパール塗装の「ヴェルファイア」ですが、こちらも信じられない勢いで塗装が剥がれているのが確認できますね。
前回ご紹介した「ヴァンガード」並みにかなりひどい塗装の剥がれ方をしています。

上の画像にもある通り、ボディをエアブローする際に塗装剥がれが連発する瞬間を動画にて公開しています。
以前、2015年式付近のトヨタ「アルファード」をエアブローした際、盛大な猛吹雪のごとく塗装膜がどんどんと剥がれている動画が公開されていましたが、今回の塗装剥がれも同様に気持ち良く剥がれているのがわかります。

「ヴァンガード」の塗装剥がれ報告と同じ記載となってしまいますが、吹きつけた直後にこれだけの広いエリアの塗装剥離が発生しとんでもないことになっていますね。
そして最も驚きだったのが、こちらは2010年式付近に製造された「ヴェルファイア」でありながら、何と今回の無償修理の対象に含まれていなかったとのこと。

本人曰く、ハズレを引いてしまったようで非常にショックではあるものの、それ以上にショックだったのがディーラーの回答が「保証の対象外だから」の一点張りだったということ。
もちろん、このような理由で納得いくわけもありませんが、ディーラーでは有償修理でしか対応できないという姿勢を変えないとのことから、新たな報告事例としてご紹介させていただいています。

【トヨタベルファイア パールホワイト070 エアーブローで剥がれるぅ~】

☆★☆トヨタ・ホワイトパール塗装剥がれ問題の関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう