何コレ凄い!トヨタ「ヴェルファイア」のリムジン霊柩車があまりにも強烈と話題に。4人乗りのロイヤルラウンジ風で、その全長は驚異の6.5m超えに

2020-05-27

スポンサーリンク

~霊柩車もどんどん個性的なものが登場するようになってきた~

以前、トヨタのフラッグシップミニバン「ヴェルファイア(Vellfire)」をベースに、「アルファード(Alphard)」顔へと移植し、更にはロングホイールベース化によってリムジン仕様へと過激カスタムしたモデルが中古車サイト・カーセンサーにて販売されていましたが、今回は更にロングな全長を持つ「ヴェルファイア」のリムジン霊柩車が大きな話題に。

こちらの個体、福岡県のTRG(ティー・アール・ジー)と呼ばれる霊柩車を製作するカスタムコーチビルダーで、今回紹介するリムジン霊柩車以外にも、バン型霊柩車や湯灌車(ゆかんしゃ)、軽霊柩車、VIPリムジン等といった架装車両がメインとなっているようですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~3人の親族まで乗車可能な豪華仕様~

そして今回、とんでもないインパクトを残してくれたリムジン霊柩車が「みちびきシリーズ エミュー」と呼ばれるミニバン&リムジンシリーズで、今回の「ヴェルファイア」以外にも「アルファード/エスティマ」や日産「エルグランド」等もラインナップ(詳細は後日ご紹介)。

車体サイズとしては、全長6,530mm×全幅1,850mm×全高1,880mmととにかくビッグサイズで、しかし乗車定員は4人乗りという超豪華仕様となっています。

前・後席はこんな感じで、ロイヤルラウンジとまではいかないものの、エグゼクティブラウンジに近い豪華且つ広々としたレイアウトに仕上げられていますね(しかも後席はキャプテンシート)。

そしてこの全長の長いこと長いこと…ホイールベースが大幅に延長されていますが、恐らく5,000mm(+2,000mmぐらい?)に到達するぐらいでしょうか?
耐久性や軋み、ねじり剛性などがどのように変化しているのかが気になるところですが、駐車や取り回しはかなり難しそう。

後席以降はこんな感じ。
棺台レールはユーロⅡvローラー式を採用し、その両サイドはディスプレイらしきものが計4枚搭載されていますね。あとバックドア形状はハッチドアを採用しています。

かなりダイナミックともいえる「ヴェルファイア」のリムジン霊柩車ですが、カスタム費用などは今のところ不明。
一度はこういったコーチビルダーの取材等も行ってみたいところですが、例の社会問題が終息した際に一度検討してみたいと思います。

☆★☆霊柩車・リムジン関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TRG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう