トヨタ「ヴェルファイア」に続き、今度は新型「アルファード」のリムジン霊柩車も登場。やっぱり車内は豪華なロイヤルラウンジ風、全長も6.55mと超ロング!

2020-05-27

スポンサーリンク

~今後何かと注目されそうな霊柩車でもある~

以前、福岡県のTRG(ティー・アール・ジー)と呼ばれる霊柩車を製作するカスタムコーチビルダーの、トヨタ・フラッグシップミニバン「ヴェルファイア(Toyota Vellfire)」をベースにしたリムジン霊柩車をご紹介しましたが、今回は新型「アルファード(Alphard)」をベースにしたリムジン霊柩車をご紹介。

今回のリムジン霊柩車も、前回の「ヴェルファイア」同様に「みちびきシリーズ エミュー」と呼ばれるミニバン&リムジンシリーズで、新型「アルファード」や「ヴェルファイア」以外に「エスティマ」や日産「エルグランド」をベースにしたものもラインナップしています。

スポンサーリンク

~やはり何度見ても驚きを隠せない超ロングスタイル~

ボディサイズは、前回の「ヴェルファイア」に匹敵する超ロングなリムジンタイプで、全長6,550mm×全幅1,850mm×全高1,900mmと全幅は変わらず、全高は全体バランスのことも考えて若干ローダウンしている印象でしょうか。
その代わりホイールベースを大幅に延長しているので、全長は+約1,600mm長くなっていますね。

この角度から見ると、BピラーからCピラー間を大幅に延長させることにより、トランク容量を拡大させて棺台レールスペースを設けているといったカスタム内容に。
ただ、ホイールベースがあまりにも長すぎて、その上タイヤが4個しか装着されていないため、ねじり剛性や強度、走行性能に問題ないのか?といった点は非常に気になるところではありますね(正直、一度は試乗してみたい所)。

リヤから見てみると非常にシンプル。
リヤハッチガラスは加工され、楕円形の部分だけガラスが設けられています。

~車内はかなりゆったりで広々とした空間~

ちなみに車内はこんな感じ。
後席部分はキャプテンシートを採用し、安定のロイヤルラウンジ風で非常に贅沢。ただ、シート表皮は合成皮革っぽいですね。
移動中もかなりゆったりすることが可能です。

そして棺桶を収納するスペースがコチラ。
何とも不思議な雰囲気に包まれた車内で、両サイドにはやっぱり謎のディスプレイが搭載。一体どのような映像が流れるのか非常に気になるところです。

☆★☆霊柩車・リムジン関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう