何か凄いの出てきた…過激チューナーでお馴染みマンソリーがロールスロイス「カリナン」を激渋なブリティッシュレーシンググリーンに過激カスタム!

2020-05-27

スポンサーリンク

~これに乗ってたらあおり運転を受けることは無さそうだ…~

先日、ドイツの過激チューナー・マンソリーが、ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ(Lamborghini Aventador SVJ)」をベースにしたとんでもない過激カスタムモデル「カブレラ(Cabrera)」を発表していましたが、今回はロールスロイス初となるSUVモデル「カリナン(Rolls-Royce Cullinan)」をベースにした過激カスタムモデルを世界初公開しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~「カリナン・ビリオネア」がベースのアップグレードモデル~

今回世界初公開された過激カスタム仕様の「カリナン」ですが、2019年のジュネーブモーターショーにて発表された「カリナン・ビリオネア」の更なる改良・アップグレードモデルだそうで、フロントデザインはブラックアウトグリルを採用し、新開発のフロントバンパー、多数のカスタムエアベントを採用しています。

ボディカラーとしては、何とも激渋なブリティッシュレーシンググリーンにペイントされていますが、ボディパネル全体はカーボンファイバパネルを設定し、フロントスプリッターもカーボンファイバを使用。
そしてバンパー下の水平方向となるグリーンカラーのLEDデイタイムランニングライトも搭載していることが確認できますね。

サイドから見たスタイリングはこんな感じ。
完全に私たちが想像しているSUVとは異なり、足回りは大きくローダウンされ、かなりスポーティ且つダイナミックなゴリゴリハッチバックのようにも見えます。
ちなみに、フロント・リヤホイールアーチは従来モデルよりも更にワイド化していて、足元のアルミホイールはマンソリーカスタムのグリーンにペイントされた24インチアルミホイールを装着しています。

リヤプロファイルはこんな感じ。
この角度から見ると、フロントフェンダー部分にはダクトが設けられているのが確認できますね。そして張り出し方がエグイ…
ルーフスポイラーもカーボンファイバ製でかなりスポーティ。

リヤデザインはこんな感じ。
非常にまとまりのあるボディですが、この重厚感がたまりません。
リヤディフューザーやリヤバンパーと一体型となるマフラーフィニッシャが設けられ、更にその中には両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストシステムをインストールしています。

ドアオープンは従来通りとなるコーチドアを採用。
そしてドアを開けた瞬間に漂う高級感。
早速車内を見ていきましょう。

~インテリアは高級感とラグジュアリー感に満ち溢れたカスタム~

車内はこんな感じ。
何とも高級感とアダルティさが漂う黄褐色のレザーにて仕上げられたフロアやドアパネル、センターコンソール、ダッシュボード、ステアリングホイールが採用されていますね。
シートの座り心地はわからないものの、かなりフカフカしてそう。

後席もかなり豪華。
足元までダイヤモンドステッチを採用していますね。

トランクルームまで…一体どんだけお金かかってるのよ…
なお、これだけの豪華なカスタムがかけられての総支払額は(車両本体含めて)約9,320万円からとのことです。

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう