マイナーチェンジ版・トヨタ新型「フォーチュナー」がリーク。新型「ハリアー」っぽいデザインで2トーンカラーも採用へ

2020-05-27

~トヨタのSUVの力の入れ方は半端じゃない!~

2020年後半ごろに登場する予定のマイナーチェンジ版・トヨタ新型「フォーチュナー(Toyota Fortuner)」ですが、遂にこのモデルがフロントマスクやスタイリングが完全リークしています。
前回の完成予想レンダリングでは、「ランドクルーザー・プラド(LandCruiser Prado)」風のフロントマスクを得る?等の情報もありましたが、上のリーク画像を見る限り、系統的には先日完全リークしたフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(New Harrier)」のような顔つきにも見えますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

さすがに真正面からのフロントマスクは公開されていないものの、非常にアグレッシブで釣り目タイプのフロントヘッドライトや、L字を連ねたようなLEDデイタイムランニングライトは新型「ハリアー」風で、トヨタのCIマークエンブレム周りのフロントグリルはコンパクトにまとめられ、その下にあるキーンルックグリルは大口化されているのがわかります。


~2トーンカラーが採用され、よりスポーティな印象を与えるデザインに~

こちらは別の角度から撮影された画像ですが、ボディカラーはホワイト系で、Aピラーからルーフはブラックにペイントされて2トーンカラーを採用しています。
新型「ハリアー」ではモノトーンカラーのみがラインナップされ、2トーンカラーは設定されないので、こういったユニークなカラーがラインナップされることで差別化が図られています。

ただ、ボディスタイルとしてはクーペSUVではなく、どちらかという新型「ライズ(RAIZE)」のようなカクカクしたボディを採用。
足もとのアルミホイールもマルチスポークタイプで非常にクールですが、一部ではTRD仕様?との噂もあるそうです。

そしてこちらが、今回のリーク画像を基に作成された完成予想レンダリング。
現行「フォーチュナー」とは異なり、LEDデイタイムランニングライトはシームレスな逆L字を採用し、外側には単眼LEDヘッドライトと、内側にはハイビームが設定されています。

インテリアについては何も明らかになっていませんが、これまで目撃されてきた開発車両を参考にすると、Apple CarPlay/Android Autoが標準装備されたインフォテイメントタッチスクリーンシステムが採用され、トリム部分にはメッキ調のアクセントが追加されるとの情報も。

気になるパワートレインについては、排気量2.8L 1GD-FTV型の直列4気筒ディーゼルターボチャージャーエンジンを搭載する予定で、最高出力177ps/最大トルク420Nmを発揮し、トランスミッションは6速MT/6速ATの何れかから選択が可能になるとのことです。

【เผยโฉมหน้า New Toyota Fortuner 2020 รุ่น Minorchange เรนเดอร์เสมือนจริงล่าสุดโดย MZ Crazy Cars!】

☆★☆「フォーチュナー」関連記事5選はコチラ!☆★☆