過激チューナー・エスプリがフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の過激カスタムを提案。シャコタン上等、高級感を加味したオシャレSUV?

2020-05-27

~今後もこうしたシャコタン&過激エアロを装着する新型「ハリアー」は登場するだろう~

国内のカスタムエアロメーカーであるエスプリが、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」のカスタムイメージを提案しています。
以前、富山県のチューナーであるクライメイトが、新型「ハリアー」向けのカスタムアルミホイールを公開していましたが、今回はそれよりも更に過激で足回りも大きく落とし込み、更に専用エアロパーツを装着した新しいスタイルに仕上げられています。


~おそらくここまで落とし込んだカスタムモデルはエスプリが世界初~

まずボディをチェックしていくと、ホワイトパールクリスタルシャインのボディカラーをベースに、無塗装素地だったプラスチック製フロントロアバンパーやサイドスカート、リヤロアバンパーにマッチングペイントにてホワイトに仕上げることにより、全体的にまとまりと高級感を与えています。
更には、フロントロア部分にリップを装着することでワイド感とダイナミック感を強調させているのがわかりますね(しかも同色素地)。

足回りについては、車高調もしくは専用スポーツサスペンションによって大きくローダウンさせ、SUVというよりもスポーツハッチバックに近い印象を受けますね。
足元のアルミホイールも大口径のマルチスポークを採用し、更にポリッシュ仕上げ?と思われるギラギラ感満載の表面となっているため、ここでも更に高級感を加味。

なお、エスプリ曰くこれで最終形というわけではなく、ここから更に再調整が入るそうなので、どこまで変化していくのか非常に楽しみです。

~ロジャムも負けてないぞ!~

続いてはスクーデリアロジャムが提案する専用カスタムアルミホイール。
こちらもホイールデザインはマルチスポークタイプで、現行「ハリアー」にて装着されたデュアル5スポークタイプよりも更に複雑感が増していますね。
ホイールサイズはどこまで適応しているかはわからないものの、大口径タイプでも十分に様になっているので、もう少しラグジュアリー向けのホイールデザインを展開してほしいところ。

今後は専用エアロキットの開発にも取り掛かることと思われますが、間違いなく来年開催予定の東京オートサロンや大阪オートメッセにて主役になるであろう一台だと思います。

☆★☆新型「ハリアー」関連記事5選はコチラ!☆★☆