レクサス「LS」のスピンドルグリルをフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」に移植したら?いずれカスタムカーショーでも登場しそう

2020-05-27

~プレミアムSUVらしい高級感とまとまりはあるように感じるが、やっぱりエンブレムだけは納得し難い~

以前、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harreir)」にレクサスのマイチェン前「RX F SPORT」のスピンドルグリルを移植したら?というレンダリングが公開されていましたが、今回は更に上位モデルとなる「LS」のスピンドルグリルに移植したら?というレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、過去にチュウヒ(宙飛)マークの移植や「RX F SPORT」のスピンドルグリル移植モデルも公開しているShinichi Kaida氏ですが、今回のレンダリングはL字を幾重にも連ねていくスピンドルグリルの複雑さと高級感が上手く表現できたデザインではないかと思います。

ただ、これは前回のブログでもご紹介したのですが、ここに”TOYOTA”のエンブレムを貼付するのは大きな違和感があって、販売チャネル併売化に伴いタカ(鷹)マークからTOYOTAエンブレムへと変更することにより、「ハリアー」独自のブランド力がちょっと薄れてしまったり、これまで積み上げてきたものをそう簡単に取っ払って良いものなのか?という思いもあって、色々と賛否あるモデルになるんじゃないか?と思ったりはしますね。

☆★☆関連記事☆★☆


~本物の「LS」とも比較してみよう~

ちなみにこちらがベースとなった「LS」のスピンドルグリル。
下位モデルの「ES」とは異なる複雑さを持ち、更には数千個におよぶ面で構成される緻密なデザインが採用されているため、アグレッシブでありながら繊細な品格を兼ね備えたレクサスフラッグシップならでのオーラを解き放っています。

改めて「LS」のスピンドルグリルに移植した新型「ハリアー」を見ていきましょう。
前回のF SPORTグリル同様にスピンドルグリルフレームを縁取るように、ヘッドライト下のメッキパーツがそのまま残され、その上部には新型「ハリアー」独自のプロジェクター式フロントヘッドライトと、L字を連ねたLEDデイタイムランニングライトを搭載しています。

個人的には、ほうれい線のような中途半端なインテークではなく、更に大口化されたインテークグリルを採用することで、ダイナミック感とスポーティさを向上できるのではないか?と思ったりはしますね。

~スピンドルグリルを移植した新型「ハリアー」は必ずカスタムカーショーでも出展される~

ちなみにこちらが「RX F SPORT」のスピンドルグリルを移植した新型「ハリアー」。
最初はちょっと見慣れない感じでしたが、何度も見直してみると意外とマッチしていて悪くない印象を受けます。
先ほどの「LS」風スピンドルグリルも同様ですが、恐らく来年開催されるであろう東京オートサロン2021や大阪オートメッセ2021では過激なカスタムモデルとして登場してくるのではないかと思いますね。

☆★☆新型「ハリアー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう