フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「86/スバルBRZ」は2021年10月に登場との噂が浮上。リヤテールはトヨタ新型「ヤリス」風、「BRZ」は海外専売モデルになるとの噂も

2020-05-27

~フルモデルチェンジとは言いながらも変更は最小限に抑えられる可能性も?~

2020年7月20日に生産終了することが確定したスバルの2ドアスポーツクーペ「BRZ」ですが、恐らくこのタイミングに合わせて(もしくは少しタイミングをズラして?)トヨタ「86」も生産終了になる?との噂もありますが、今回新たにフルモデルチェンジ版となる新型「86/BRZ」に関する新たな噂が浮上しています。

自動車情報誌マガジンXさんによると、次期モデルは2020年10月に登場予定とのことで、使用するプラットフォームは現行「インプレッサ」の改良型FRレイアウト用からの流用となる可能性が高いとのこと。

これまで様々なメディアが報道してきたプラットフォーム説については、トヨタ専用のFRプラットフォームを採用することにより、エンジンもスバル製の水平対向ではなく直列4気筒ターボとなる噂も?あり、これによってトヨタブランドを強化することと「BRZ」の生産性を高められるといった様々なメリットが生まれるなどして期待が高まっていました。


~プラットフォーム流用でエンジンも排気量アップのまま水平対向エンジンを採用?~

一方でマガジンXさんによれば、先述の通りプラットフォームはそのままで引き続きFR駆動モデルとして登場する可能性が高く、そうなってくるとボディサイズも現行とそこまで大きく変化しないと予想。
ホイールベースも2,570mmそのままで、予想されるボディサイズも全長4,250mm×全幅1,780mm×1,320mmとのことから、全長+10mm/全幅+5mmとかなり控えめでコストを極力かけない控え目な変更に留まる可能性も高そう。

パワートレインにおいても、排気量2.4L FA24型水平対向4気筒エンジンを搭載することで、最高出力235ps程度にまで引き上げ、アメリカ市場などにて不満の多かったパワー不足を解消することができるそうですが、アメリカ市場ではターボ化にすることで非力さを解消するなどの意見もあるそうで、この辺りはどの市場に注視して開発を進めていくかがキーポイントになりそう。
トランスミッションについては、引き続き6速MT/6速ATの何れかから選択が可能になるそうで、CVT/DCTは採用されないことがほぼほぼ濃厚になっているとのこと。

気になるデザインについてですが、マガジンXさんが公開している予想CGを参考に参考にさせていただくと、リヤテールランプはトヨタ新型「ヤリス」のような”フ”の字LEDを採用し、マフラーも「GRヤリス」のような両サイド1本出しとなる大口径タイプのデュアルエキゾーストシステムがインストールされる可能性が高いとのこと。

なぜか「BRZ」が国内販売されないとの情報も?

あとは「BRZ」が国内販売することなく、海外専売モデルとして注力していくとの見方もあるそうですが、これについての真偽は全く明らかになっていないのが正直なところ。
ただ、いつもお世話になっているスバルディーラーの担当セールスさんと雑談していた際、次期「BRZ」が国内で販売されるとの情報は聞いていないというのを思い出したので、もしかしたら日本市場では「86」のみに注力する可能性も高いかもしれませんね。

☆★☆「86/BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう