韓国・現代自動車(ヒュンダイ)新型「エラントラN-Line」らしき開発車両が目撃に。ターボエンジン搭載&過激なスポーティルックスでド派手に進化するぞ!

2020-05-27

~元々ド派手なデザインを持つ新型「エラントラ」が、更にド派手に進化する?~

以前発表されたばかりとなる韓国・現代自動車(ヒュンダイ)の新型スポーツセダン「エラントラ(Hyundai Elantra)」ですが、何とこのモデルのハイパフォーマンスグレードとなる「エラントラNライン(Elantra N-Line)」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両を確認していくと、ボディ全体には分厚めのカモフラージュが施されているものの、近年の現代自動車のアイデンティティにもなっているパラメトリック・ジュエルパターングリルは健在で、ここに更にブラックのアクセントなどが追加される可能性が高そうです。


~レクサスのF SPORTを想起させるようなアグレッシブスポーツモデルに進化?~

フロントエンドはこんな感じ。
フロントヘッドライトは一部しか確認できないものの、恐らくはフロントグリルにクロスするような形でワイドなハウジングを採用し、ウィンカーもグリル部分が点滅するような先進的なデザインになることが予想されます。

ちなみに、今回のハイパフォーマンスグレードの発売時期については明らかになっていないものの、確定している情報としてはN-Line用のアップグレードシャシーが採用され、更には新開発のターボチャージャーエンジン、そしてエクステリア/インテリアデザインも一新するとのこと。

リヤプロファイルもチェックしていくと、足元のアルミホイールは従来モデルよりも更にスポーティな18インチ~19インチが装着され、タイヤ幅や扁平率もスポーツモデル専用に改良してくると予想されます。
あとボディカラーについては、まだ確定した情報ではないもののN-Line専用にブラックルーフの設定が可能な2トーンも準備されるとの情報もあるため、かなり期待値が高まりそうです。

こちらはリヤデザイン。
リヤバンパーは従来モデルに比べて少し引き締まった印象を受け、リヤテールランプもセンター直結式のストリップタイプが採用されると思われます。
リヤマフラーは片側2本出しとなっていますが、個人的には両サイド1本出しのデュアルエキゾーストの方が更にスポーティでクールな印象を与えるのではないか?と思ったり。

最後に気になるパワートレインについてですが、今のところ噂では「i30N/ヴェロスターN」にも搭載の排気量2.0L 直列4気筒GDiターボチャージャーエンジンを改良したものが搭載されるとのことで、最高出力271hp/最大トルク353Nmを発揮すると言われています。

☆★☆現代自動車関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう