何コレ凄い!三菱「パジェロ・スポーツ」に引き続き、今度は「エクスパンダー」にトヨタ新型「アルファード」のグリルを移植した猛者が現る

2020-05-27

~意外とダイナミックシールドグリルと新型「アルファード」のオラオラグリルはマッチしてる?~

以前、三菱の新型スポーツSUV「パジェロ・スポーツ(Mitsubishi New Pajero Sport)」をベースに、トヨタ新型「アルファード(Toyota New Alphard)」のフロントグリルを移植した過激カスタムモデルをご紹介しましたが、今度は三菱の新型クロスオーバーミニバンでお馴染み「エクスパンダー(XPANDER)」をベースに、「アルファード」のグリルを移植したモデルが登場。

トヨタのSUVモデルからレクサスのスピンドルグリルを移植するカスタムモデルはよく見かけますが、三菱のダイナミックシールドから「アルファード」のオラオラ系グリルに移植するのは(私の知っている限り)これで2例目。
とは言いながらも、よくここまでダイナミックシールドグリルフレームを崩さず、ナチュラルにオラオラグリルをまとめてきたなぁという印象。

しかもボディスタイルもクロスオーバーミニバンなので、元々「アルファード」のボディスタイルに見慣れていることもあってか、このスタイルにもマッチしているので意外とすんなり受け入れられているのもユニークなところです。


~「パジェロ・スポーツ」×アルファード・グリルも見ていこう~

ちなみにこちらが、タイ市場にてグローバルモデルとして発売されている新型「パジェロ・スポーツ」に新型「アルファード」のフロントグリルを移植したカスタムモデル。

この過激なカスタムモデルを所有するVictor Alexander Wisnuwardhana(@vickersson)氏によると、「アルファード」風のフロントフェイスへと移植するまでに何度かカスタムが施されているそうで、まだ100%完成形ではないものの、ある程度自分の納得いくところまでは仕上げることができたとのこと。

カスタムレイアウトなどは全て自分で考案している@vickersson氏ですが、まさか三菱のダイナミックシールドグリルの原型を極力崩さずに、更にダイナミックな「アルファード」のオラオラ顔を移植してくるとは…このあたりの発想力はさすが海外といったところ。

~トヨタにレクサスのスピンドルグリルは定番~

続いては、ロシア市場にてトヨタのピックアップトラックモデル「ハイラックス(Toyota Hilux)」をベースに、フロントマスクをレクサスのスピンドルグリルへと移植したカスタムモデル。
日本市場では、トヨタ「プリウス(Prius)/ハリアー(Harrier)/アルファード(Alphard)」にスピンドルグリルを移植したカスタムモデルはよく見かけますが、「ハイラックス」ベースは初めてかもしれません。

ベースとなるスピンドルグリルですが、ロシアや中東市場にてラインナップされるレクサスのフラッグシップSUV「LX」の上位スポーツグレード”スーペリア”がモチーフになっているそうで、日本市場であればTRD仕様のメッシュグリル付きフロントバンパー(ディーラーオプション)と同じものになりますね。

かなり良い感じでフィットしている「ハイラックス」専用スピンドルグリルですが、「LX」と同じようなナビゲーション付きライトやクローム仕上げのラジエータグリルを採用することで、純正よりもかなりインパクトのあるフロントフェイスに仕上がったのではないかと思います。

しかもこのフロントバンパー、従来の「LX」にも装備可能であることから、こういったトヨタやレクサスでも互換性を持たせるパーツ作成を徹底しているカスタムパーツメーカの考えと行動力には常々感動するばかりです。

~「コペン」にスピンドルグリル?!~

こちらは以前、某カスタムカーショーにて展示されていたダイハツ「コペン」のレクサス仕様。
フロントはスピンドルグリルのF SPORTグリルへと移植され、フロントスプリッターやフロントフード等もCross×Extricと呼ばれるアフターパーツメーカのオリジナルカスタムとなっています。

それにしても、ここまで上手くスピンドルグリルをまとめてきたのは驚きで、あれだけコンパクトなフロントフェイスの「コペン」にこれだけダイナミックなグリルをまとめることができるんだなぁという新たな発見がありました。

☆★☆カスタムモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう