フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの開発車両が目撃に。カモフラージュ一切無し、おそらく初のヘッドライト&フォグライト全点灯か!

2020-05-27

スポンサーリンク

いよいよ秋に向けて最終調整を進めている新型レヴォーグのテストカー

さて、度々公道にて目撃されているスバルのフルモデルチェンジ版・新型レヴォーグ(Subaru New Levorg)の開発車両ですが、今度は群馬県富岡市の道の駅・妙義(みょうぎ)の駐車場にて目撃されています(画像を提供頂けたY様には心より感謝申し上げます!)。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、ボディカラーは現行レヴォーグでも設定されているアイスシルバー・メタリックだと思われ、足元にはブラックペイント処理(カモフラージュ)された大口径アルミホイール、フロントエンドには仮ナンバー、そしてエッジの効いたフロントマスクに加えてフロントヘッドライト・フォグランプが点灯しているのが確認できますね。

ヘッドライトとフォグランプが点灯した新型レヴォーグは初めてかもしれない

もう少し拡大してみましょう。

コの字型のLEDデイタイムランニングライト(ウィンカーも兼用)と単眼タイプと思われるLEDフロントヘッドライトが点灯し、その直下のインテーク部分にはフォグランプが埋め込まれ、こちらも珍しく点灯しているのが確認できますが、おそらく開発車両にてライトが点灯している個体を目撃したのは、今回が初めてではないかと思います。

あとは新型レヴォーグSTiプロトタイプ(New Levorg STi Prototyep)にて見られた、フロントフォグランプ上部に設けられた水平基調の車幅灯が搭載されていないため、このあたりはしっかりとグレードによって差別化されているように感じますね。

それでは、次のページにてもう少し細かくインプレッションしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう