遂に来た!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・タイプRの開発車両が登場。ハイブリッド搭載でシステム総出力400馬力を発揮か

2020-05-27

スポンサーリンク

こんなタイミングで次期シビック・タイプRのテストカーが目撃されるとは…

ホンダのハードコアモデルとなるフルモデルチェンジ版・新型シビック・タイプR(Honda New Civic Type R)の開発車両が目撃されています。

シビック・タイプRといえば、2020年秋ごろにマイナーチェンジ版並びにマイナーチェンジ版をベースにした最後の特別仕様車となるシビック・タイプR”Limited Edition”を発売しますが、このタイミングにて次世代モデルのテストカーが目撃されるのはちょっと意外。

カモフラージュがかなり分厚めですが、フロントヘッドライトやBMWのようなキドニーグリルデザイン(カモフラージュの仕方に問題)、フロントインテーク、そしてデザイン言語といった部分は全て一新することが期待され、プラットフォームはもちろんのこと、ボディサイズやスタイリングなども微妙に変更される可能性が高いと思われます。

フロントデザイン含め、サイドやリヤデザイン、そしてパワートレインについても以下の次のページにてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう