これは凄い…いろは坂にてフルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの試作車が目撃に。最も間近で、最も美しく撮影されたスパイショットだ!

2020-05-27

スポンサーリンク

新型レヴォーグの外観を改めてインプレッションしていこう

こちらはフロントデザイン。

ここまではっきりと美しく撮影されたテストカーは初めてではないかと思いますが、フロントグリルは水平基調のバーのようなものが確認でき、現行モデルよりも更にワイドで線が細くなっています。

そしてフロントヘッドライトのハウジングはかなりコンパクトで複雑な造形となり、北米市場にて発売されたフルモデルチェンジ版・新型レガシィ(New Legacy)に倣うようなデザイン言語を採用。

▽▼▽関連記事▽▼▽

あとは単眼のプロジェクタ式LEDヘッドライトや、コの字型のLEDデイタイムランニングライト(DRL)&LEDウィンカーが確認できますが、よくよく見てみると新型レヴォーグでは、走行中に強制的にDRLが点灯する仕組みにはなっていないようですね。

マツダ新型MAZDA3やホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)のように、ライトレバーが強制的にオートライトになるようなシステムではなく(つまりデフォルトがAUTOライトモード)、デフォルトはOFFのままになっているようです。

まるでシューティングブレークのようなグローバルを意識したクーペ風フォルム

こちらはリヤプロファイル。

こうして見るとトップルーフはリヤハッチにかけて下っていくクーペ風スタイルで、どことなくシューティングブレーク風の要素も兼ね備えていたり…

あとは後方にかけてお尻が付き上がるような造りになっていますが、これによる後席の乗り心地がどこまで向上しているのか、後席は現行に比べて広くなっているのかも気になるところです。

ルーフスポイラーもアイスシルバー・メタリックと同色でスマートな造りですが、その後に下っていくCピラー部分は一部ブラックを採用しているように見えますね。

こちらはリヤデザイン。

峠を走り抜けていく新型レヴォーグの姿も中々美しいのではないかと思います。

フロントに倣う形でリヤテールランプもコの字型になっていますが、これは水平対向(ボクサー)エンジンのピストンを表現しているので、スバルの強い拘りにもなっています。

マフラーは両サイド1本出しとなるデュアルエキゾーストシステムを採用し、リフレクター部分のブラックパーツの作りもチープに見えず引き締まった印象を受けます。

リヤドアハンドルからリヤエンドにかけての謎のプレスラインも気になるところですが、全体的にキープコンセプトでスポーティさを強調させる一台に仕上がっていると思うので、あとは新開発となる排気量1.8L 水平対向4気筒エンジンのパワーとトルク、走りの質感がどこまで向上しているのかも実際に試乗してインプレッションしてみたいところこです。

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう