多分誰も興味ないと思うけど…マイナーチェンジ版・現代自動車(ヒュンダイ)新型サンタフェのティーザー画像が公開。ユニークなT字型LEDデイライトで個性を発揮!

ヒュンダイは更に独自性とユニークさを持たせて他社との差別化を図っている

韓国の自動車メーカー現代自動車(ヒュンダイ)が、2021年モデルとなるマイナーチェンジ版・新型サンタフェ(Hyundai Santa Fe)のティーザー画像を世界初公開しました。

以前より度々目撃されていた新型サンタフェの開発車両ですが、今回ようやくLEDデイタイムランニングライトのデザインが明確になり、そしてどのメーカーも採用していないような個性的なT字型LEDデイタイムランニングライトを採用していることが発覚しています。

更にT字型デイライトの両サイドには、スプリットLEDヘッドライトと思われるユニットも搭載され、現行モデルから大幅なデザイン変更に加え、先進性とユニークさを持たせた唯一無二の一台へと進化していることが確認できますね。


実は2種類のグレードをラインナップし、それぞれのグリルデザインも異なっている

ちなみに、新型サンタフェでは”スタンダード”モデルと”ラグジュアリー”モデルの2種類が提供される予定で、それぞれのモデルのデザインが全く異なるのかどうかは不明。

ただ一つだけ言えるのは、フロントグリルのデザインパターンが異なることは明確になっているようで、上のティーザー画像のように逆三角形のグリルパターンと、更にもう一つの上の画像にもある通りドット柄のようなグリルパターンも採用していることが確認できますね(レクサスでいえば、非F SPORTとF SPORTのスピンドルグリルのようなもの)。

続いてプラットフォームについてですが、現行サンタフェと同じシャシーを引き継ぎながらも、ボディ剛性やパフォーマンス、取り扱い性、そして安全性を大幅に向上するためにスポット溶接を増やし、更に電化(ハイブリッド/PHV)を搭載したプラットフォームにも適用するような改良が施されるとのこと。

具体的なパワートレインは明らかになっていませんが、現行モデルにて設定されている排気量2.0L/2.2L/2.4Lのガソリンエンジンモデルはそのまま設定されるのではないかと予想されます。

デビュー時期については、欧州市場にて9月を予定しており、2020年末頃にはアメリカ市場でも登場する予定となっていますが、もちろん日本市場での市販化の予定はありません。

☆★☆ヒュンダイ/ジェネシス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう