マツダ新型MAZDA2/CX-5/CX-8の特別仕様車”SMART EDITION”が発売スタート!走る歓びをそのままに、安全装備を充実させた一台で勝負

マツダは新型車を発表できない分、グレード追加や特別仕様車で攻勢をかける

2020年5月28日、マツダのエントリーモデルとなるMAZDA2(旧デミオ)/CX-5/CX-8をベースにした特別仕様車”スマート・エディション(SMART EDITION)”が発売スタートとなりました。

フルモデルチェンジ版・新型MAZDA3以降、全く新しい新型車を発表できていないマツダですが、今後ラージ郡プラットフォームを採用する新型車を発表する準備も含め、今現在は既存モデルのグレード追加や特別仕様車を次々とラインナップしていくことで、販売台数増加を図ることが考えられます。

今回の特別仕様車においては、マツダ本来の掲げる”走りの歓び”をそのままとし、安全装備の充実化はもちろんのこと、車内の快適性の向上を図る機能が全て標準装備されているお得な一台となっています。

気になる装備内容やグレード別の価格帯は、以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう