ロシアの過激チューナーがレクサスRX/NXをカスタム!プレデター並みの不気味さを持つその名は「GOEMON(五右衛門)/KOTARO(小太郎)」

なぜか今ロシアの過激チューナーが熱い!

以前にも当ブログにてご紹介したロシアの過激カスタムチューナーであるSCLグローバル・コンセプトより、レクサスの大人気モデルNX/RX専用の専用キットが販売されています。

一目で普通のカスタムではない今回の専用ボディキットですが、過激な見た目なのにそのボディキット名称は「GOEMON(五右衛門)」「KOTARO(小太郎)」といった日本の文化を取り入れたもので、もしかするとロシアチューナーのトップは日本のブランドや文化を大事にしている人物なのかもしれませんね。


RXベースのカスタムキット「GOEMON(五右衛門)」

早速その過激なカスタムモデルを見ていきましょう。

一つ目は、レクサスのミドルサイズSUVであるマイナーチェンジ前のRXをベースにしたカスタムキット「GOEMON(五右衛門)」。

フロントマスクを見ての通り、レクサスの象徴ともいえるダイナミックなスピンドルグリルフレームを活かして、その中のグリル部には複雑なパターンを採用。

まるでプレデターの口周りを表現したかのような不気味さがありますね。

こちらはリヤプロファイル。

よ~く見てみると、フロント・リヤフェンダーはポン付けしたものだと思われ、ボディカラーと同色素地に仕上げることでスマートな印象に。

ただ、純正よりも大幅にワイド化しているオーバーフェンダーなので、このあたりのカスタム費用も結構かかるのではないかと予想されます。

ルーフスポイラーやトランクスポイラーはマットブラックかグレーのような渋いパーツを装備。

空力効果があるかどうかはさておいて、カスタムカーとしての個性は圧倒的ではないかと思います。

NXベースのカスタムキット「KOTARO(小太郎)」

続いてはレクサスのサブコンパクトSUVとなるマイナーチェンジ前のNXをベースにしたカスタムキット「KOTARO(小太郎)」。

これまた凄いフロントグリルを設けてますね…

一体どのような加工を行ったらこのようなデザインに仕上げらられるのかわかりませんが、そもそも空気を取り入れる隙間が存在するのかも気になるところです。

グリルばかりに注目しがちですが、フロントインテークだけでなくグレーペイントのフロントスプリッターの形状もかなり独特ですね。

こちらはリヤプロファイル。

フィン形状を追加したリヤディフューザーとHDMI端子のようなマフラーフィニッシャーとの一体型キットも迫力あります。

あとは先ほどの「GOEMON(五右衛門)」同様に、ボディカラーと同色のオーバーフェンダーを装着することでスマート且つワイドに表現。

足もとのタイヤ・アルミホイールもダイナミック且つワイドですが、恐らく足回りはローダウンしてなさそうです。

一体いくらするの?「GOEMON」と「KOTARO」のカスタムキット

なお、今回ご紹介したボディキットは、全てOEM規格に適合しており、正確なフィッティングも保証されているとのことですが、見た目以上にやはり価格帯も結構高額。

RXをベースにした「GOEMON(五右衛門)」のボディキットは約106万円で、NXをベースにした「GOTARO(小太郎)」のボディキットは約74万円からとのことです。

☆★☆レクサスカスタム関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう