購入検討で顧客が試乗車のトヨタ新型GRスープラを走らせるも僅か1.6kmほどでクラッシュ&大破。セールスも乗っていたのに一体なぜ?

ここ最近新型GRスープラの事故が多いような気もするが…

アメリカ・ニューヨーク州ガーデンシティのカテドラルアベニューにおいて、ディーラー・ミレニアムトヨタの試乗車である新型GRスープラ(Toyota New GR Supra)が事故で大変なことに。

実はこのレッドの個体、顧客が新型GRスープラを検討しているとのことで、試乗を希望して担当セールスを横乗りした状態で試乗したそうなのですが、ディーラーから僅か1.6kmほどしか走行していないのにフロントが完全大破し、エンジンや足回りも修復不可能なまでに損傷していることから廃車扱いになってしまったそうです。

この個体を運転していた男性は、足を折るなどの重傷であるとして現在病院にて入院しているそうですが、なぜこういった事故が発生してしまったかは現在調査中とのこと。

担当セールスも横乗りしていたのになぜこのように事故に?

いやいや…一体何がどうなったらこのような事故になってしまうのだろうか…

今回事故が発生した場所は、速度制限48km/hで道幅の広い道路だったのですが、目撃者の情報によればとんでもないスピードにて走行していたとのことで、更にタイヤとブレーキが引きちぎれるかの如くタイヤがそのまま30m程吹っ飛んでしまったとのこと。

これだけの大破事故ですから、もしかすると100km/h以上のスピードにて走行していた可能性が高く、ドライバーだけでなく担当セールスも相当ハイになっていた可能性が高そうですね。

そしてこれ以上に何とも衝撃な事実が…?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!