トヨタ・クラウン/プリウス/オーリスなど計26万台超えの大規模リコール!オーディオアンプの回路が不適切なため、火災発生の恐れも

最悪の場合、走行不能になる恐れも

トヨタ・プリウス/プリウスα/オーリス/ダイハツ・メビウスの4車種・計250,284台に大量リコール。

リコール内容としては、ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、極低速から急加速するような高負荷走行時等に昇圧回路の素子が損傷した場合、フェールセーフモードに移行できないことがあるとのこと。

そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は発生しておらず、海外市場からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[プリウス]
・DAA-ZVW30/Z V W 3 0 – 0 3 9 8 5 1 8 ~ Z V W 3 0 – 0 4 8 5 3 6 7/平成 26 年 8 月 22 日~平成 27 年 11 月 6 日/13,777台

・DAA-ZVW30/Z V W 3 0 – 1 7 9 4 8 9 5 ~ Z V W 3 0 – 1 9 9 9 9 9 7/平成26年 2月 5日~平成2 7年10月22日/89,192台

・DAA-ZVW30/Z V W 3 0 – 2 0 0 0 0 0 2 ~ Z V W 3 0 – 2 0 0 4 9 0 2/平成27年1 0月2 1日~平成2 7年11月 6日/731台

・DAA-ZVW30/Z V W 3 0 – 5 7 4 0 7 5 3 ~ Z V W 3 0 – 5 7 6 8 9 7 8/平成26年 2月 4日~平成2 7年11月 6日/23,356台

[プリウスα]
・DAA-ZVW41W/Z V W 4 1 – 0 0 1 2 2 2 6 ~ Z V W 4 1 – 0 0 8 6 6 7 4/平成26年 6月2 0日~令和 2年 2月 5日/72,463台

・DAA-ZVW41W/Z V W 4 1 – 3 3 5 9 0 3 5 ~ Z V W 4 1 – 3 4 0 2 9 1 8/平成26年 6月2 0日~平成2 7年11月30日/40,267台

[オーリス]
・DAA-ZWE186H/Z W E 1 8 6 – 1 0 0 0 0 1 6 ~ Z W E 1 8 6 – 1 0 0 9 9 4 9/平成28年 4月 1日~平成3 0年 4月27日/9,845台

[ダイハツ・メビウス]
・DAA-ZVW41N/Z V W 4 1 – 0 0 1 6 2 0 2 ~ Z V W 4 1 – 0 0 8 6 6 7 0/平成26年 8月2 5日~令和 2年 2月 4日/623台

・DAA-ZVW41N/Z V W 4 1 – 3 3 5 9 2 5 8 ~ Z V W 4 1 – 3 3 6 3 9 1 1/平成26年 6月2 3日~平成2 6年 8月 8日/30台

改善措置としては、全車両、異常判定時の制御プログラムを対策仕様に修正する一方で、当該制御プログラム修正後に素子が損傷して警告灯が点灯した場合は、電力変換器のモジュールを無償交換するリコール作業を実施するとのことです。

その他、クラウンに関するリコール内容は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう