結構イケてる!韓国・現代自動車(ヒュンダイ)i30ファストバックNに19インチホイールを履かせてみた。レッドのアイラインも追加で悪魔風に?

若干マツダ・アクセラっぽい顔つきだが、最近の韓国車は結構垢抜けてる気がする

韓国の自動車メーカー・現代自動車(ヒュンダイ)が発表・発売したハイパフォーマンスファストバックモデル・i30ファストバックN(Hyundai i30 Fastback N)に社外製アルミホイールを装着したカスタム仕様が登場。

海外のホイールメーカー・バラクーダが発表したウルトラライトシリーズの一つでもあるプロジェクト3.0アルミホイールですが、元々過激な走りを提供するi30ファストバックNの走りをよりアクティブにするため、Y字&マルチスポークタイプの19インチ×8.5jアルミホイールと、235/35のピレリ製Pゼロタイヤを装着。

ホイールはブラックとシルバーの2トーンとなりますが、ブレーキキャリパやヘッドライトアイライナーにはレッドのアクセント(フロントスポイラーのピンストライプは純正)を追加することでスポーティさが増していますね。

レッドのアクセントを追加するハイパフォーマンスモデルといえば、ホンダ・シビック・タイプR(Honda Civic Type R)やスバルWRX STIなどが存在しますが、これらのモデルを相手に、i30ファストバックNがサーキットでも対抗できるのかは気になるところですね。

気になるリヤデザインのインプレッションも…現代自動車は日本市場での再起を図る可能性も?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう