トヨタ新型カローラ・クロスの実車をインプレッション!ダイナミック感があってカッコいいぞ!ピックアップトラック仕様のレンダリングも公開に

新型RAV4とC-HRのデザインがチラつくも、やはり実車で見るとカッコいい

2020年7月9日にタイ市場をメインに発表・発売スタートしたトヨタの新型CセグメントSUVモデルとなるカローラ・クロス(Toyota New Corolla Cross)ですが、早速現地にて実車モデルが公開に。

現在のところ日本市場では市販化予定のない新型カローラ・クロスですが、今後タイ市場を起点にどんどん市場拡大していく予定となっているものの、ボディサイズが全長4,460mm×全幅1,825mm×全幅1,620mmと3ナンバーサイズとなるため、特にRAV4やC-HRを導入していない市場を対象としていく可能性が高いとも言われています(もしくはすでに導入している市場での置き換え?)。

改め新型カローラ・クロスを実車にて見ていくと、イメージ画像とは異なるダイナミックなフロントフェイスを持ち、それでいてRAV4を想起させる大口化したキーンルックグリルや、マイナーチェンジ後のC-HRのような切れ長のLEDデイタイムランニングライトが装備されるなど、全体的に「上手いことまとめてきたなぁ」という印象を受けますね。

エントリーグレードの新型カローラ・クロスや純正カスタムされたモデル、更にはピックアップトラック仕様のレンダリングも以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう