これは知らなかった…ブガッティ・シロンのエアコン機能は、3LDKのアパート一室を丸々冷却できるだけのパワーを持っていることが発覚

ブガッティは最高速を生み出すために、まだまだ見えない苦労が隠れているようだ

スーパーカーはもちろんのこと、乗用車や軽自動車では当たり前のように標準装備されているエアコン(A/C)機能。

1933年頃より、A/Cユニットを車両に装備するようになってから、車内全体を冷却するだけでなく、最近では各乗員に対して冷却温度を独立で調整できるなど、その技術もどんどんと進化するようになってきましたが、そんな中でブガッティのエアコン機能は他車種と大きく異なる技術を持ち、更にはとんでもない冷却効果を持っているが明らかとなりました。

ブガッティにて4年間勤務し、現在はエアコン機能・空調システムを設計する女性エンジニアのジュリー・レムケさんによると、ブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)/シロン・スポーツ(Chiron Sport)/ディーヴォ(Divo)に搭載されるエアコン機能には重要な課題が設けられているそうです。

具体的には、運転席と助手席に最適な温度を設定することとして、車両がどんなスピードにて走行したとしても、エアコンが迅速かつノイズなく機能することを確認する必要があるそうです。

一体どういうこと?ブガッティのエアコン機能と技術がどれだけ優れているのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう