フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアー・ガソリンZを所有するオーナーがカーメディアを斬る!「車体全体が常に微振動している」ことはない

新型ハリアー・ガソリンZを所有するオーナーだからこそ断言したい

自動車情報誌ベストカーが公開している【ついに公道で乗ったぞ!! 新型ハリアーで一番いいのはハイブリッド「Z」!!】という興味深い試乗記事が公開されているのですが、フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)のハイブリッドZとガソリンZを試乗した結果、ベストカーが出した結論としてハイブリッドZがおすすめグレードと示しているのですが、その一方でガソリンZについては「ハイブリッドに比べて古臭さ」を感じたり、「車体全体が常に微振動している」とコメントしています。

これについて、7月3日に新型ハリアー・ガソリンZ”Leather Package”(FF)が納車された私から言わせていただくと、確かにハイブリッドモデルに比べて明らかなパワー不足は感じているものの、走行中もしくは停車時のアイドリング中も「車体全体が常に微振動している」ということは全く無く、ステアリングを握る手も、ブレーキを置いた足の裏(靴を履いていても履いていなくても)、お尻や背中のブルブルという感覚は無く、これは下道だけでなく高速道路でも既に長時間の運転にて体感済みです。

新型ハリアー・ガソリンZはどんな走りを提供してくれる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう