遂に来た!マツダ新型MX-30が2020年秋に導入へ!マイルドハイブリッドシステム”e-SKYACTIV G”を採用、更にEVモデルは2020年度内にリース販売へ

遂に新型MX-30が2020年秋に日本市場でも導入されるぞ!

マツダ初となるEVクロスオーバーモデルの新型MX-30が、欧州市場をはじめ日本市場でも2020年内に登場することを以前よりお伝えいたしましたが、この度マツダの公式ホームページにおいても、2020年秋ごろに新型MX-30のマイルドハイブリッド仕様が導入されることが明らかとなりました。

恐らく日本市場向けのみでの導入となるであろう新型MX-30のマイルドハイブリッド仕様ですが、具体的なパワートレインとしては、排気量2.0L 直列4気筒直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-G 2.0に独自のマイルドハイブリッドシステムとなるM HYBRIDを組み合わせた「e-SKYACTIV G」が初設定されます。

よりハイブリッドシステムに近い先進的なパワートレイン

マイルドハイブリッドシステムの導入は、直近のモデルであれば新型MAZDA3/CX-30に採用のSKYACTIV-Xだと思われますが、このシステムと異なるe-SKYACTIV Gは、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を性能を実現しているとのことで、おそらく”よりハイブリッドシステムに近い”パワーユニットになるのではないかと予想されます。

更にMX-30のEVモデルも導入予定!気になる価格帯は?続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう