ゴードン・マレーが設計した1,000kg未満の軽量ハイパーカーT.50を世界初公開!背中に巨大ファンを搭載、これが本物のマクラーレンF1の後継だ

遂に”本物の”マクラーレンF1の後継モデルが登場だ!

マクラーレンF1等のスペシャルロードカーを設計してきた南アフリカのカーデザイナーであるゴードン・マレー氏が、自身の名前を用いた新たな自動車メーカー・ゴードン・マレー・オートモーティブ(IGMブランド)を設立し、ブランニューモデルとなるT.50の量産デザインを2020年8月5日に世界初公開しました。

ゴードン・マレー氏曰く、T.50は実質的なマクラーレンF1の後継モデルということで、世界限定106台のみ販売したスピードテール(Speedtail)のように重くてバランスの悪いモデルとは異なる、真のライトウェイトハイパーカーであることを証明する一台と自信を示しています。

その証拠に、車体重量は僅か986kgとコンパクトカー並みの軽さを持ち、パワートレインは排気量3.9L コスワース製V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力654hp/最大トルク467Nmを発揮します。


外観はマクラーレンF1の面影を残す伝統デザイン

早速外観をチェックしていくと、フロントヘッドライトやボディ形状はマクラーレンF1の面影があり、滑らかなスタイリングとコーナーの狭いインレットを備え、ノーズもかなり位置に設計されているのが確認できます。

フロントガラスも視認性や空力特性を考慮したものだと思われ、かなり広々と丸みを帯びていますし、サイドドアのウィンドウも大きくなっていて実用的、そしてルーフの透明なパネルが風通しの良い温室を作り出すシステムになっているのだとか。

やっぱりマクラーレンの伝統を受け継いだバタフライドアを採用

そしてドアオープンは、マクラーレンの伝統ともいえるルーフまで上に開くバタフライドアを採用。

これにより乗り降りが非常に楽になるので、ある意味横開きのドアよりも実用性が高いんじゃないかと思えるほど。

気になるボディサイズは?最も気になる巨大ファンの正体とは?続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう