フルモデルチェンジ版・日産・新型ノートの開発車両を超間近にて目撃に。ヘッドライトは三眼LEDが採用され、フューエルリッドは右側に?

遂に新型ノートと思われる開発車両を間近にてスパイショット!

日産の現行ノート(Nissan Note)が2020年8月3日にオーダーストップという報道があり、既に日産ディーラーでは2020年10月にフルモデルチェンジ版が発売予定という情報が出てきています。

既に東名高速道路や北海道でも次期ノートの開発車両がスパイショットされてきましたが、今回は今までになく間近且つ鮮明にスパイショットされた開発車両が公開されています(画像を提供いただけたD様には心より感謝)。

東京都港区の青山一丁目辺りにて目撃された新型ノートの開発車両ですが、フロントマスクを見る限り、フロントヘッドライトは精悍且つコンパクトな三眼フルLEDヘッドライトが採用され、その下にはシームレスでシュッとしたLEDロービームライトらしきものが点灯しています。

新型ノートは、フロントヘッドライト上部に”へ”の字のようなLEDデイタイムランニングライト(DRL)が点灯するため、おそらくLED DRLとロービームは異なるところが点灯するのではないかと考えられます。

その他新型ノートのリヤデザインを間近にてスパイショットした開発車両や、予想されるプラットフォーム、ボディサイズ、パワートレインは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう