フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグSTi Sportの内装が完全リーク。ボルドー&ブラックの本革スポーツシート採用、既に簡易カタログも顧客に配布済み?【動画有】

2020-08-17

完全リークした新型レヴォーグSTi Sportの内装をチェックしていこう

それでは改めて、完全リークした新型レヴォーグSTi Sportのインテリアをチェックしていきましょう。

内装はSTi Sport専用&標準装備となるメモリー付きパワーシートを設定したブラック&ボルドーの本革スポーツシートで、シートヒーター&ハンズフリーパワーテールゲートも併せて装備されます。

シート形状は非常にタイトにも見え、ヘッドレスト部分には”STi”のエンボス加工も施されていますね。

更にセンターインパネ部分を見ていくと、11.6インチナビゲーションディスプレイが搭載されていることから、メーカーオプション扱いとなるアイサイトX(EX)が設定されたSTi Sport・EXというグレードになります。

ちなみにEXを設定すると以下の機能が全てセットで搭載されます。

【新型レヴォーグ専用EXオプション内訳】

・11.6インチナビゲーションディスプレイ
・運転席12.3インチインフォテイメントシステム(液晶メーター/マップ表示/アイサイト機能対応)
・デジタルマルチビューモニターシステム
・先進運転支援システム
・ウェルカムライティング
・コネクティッドサービス
・ドライバーモニタリングシステム


ステアリング周りやセンターシフトもスポーツ&スタイリッシュでクール

そしてこちらはステアリング周りやセンターシフト周りのリーク画像。

カラードステッチは、シートにマッチするレッドのアクセントが加味されることでスポーティさが増していますね。

そしてステアリングの6時のスポーク部分には”STi”の専用アクセントが追加され、より一層の特別感が演出されています。

なお左側には、以下のように記載されています。

Sportiness×Elegance

ドアを開けると目の前に広がるのは、そのパフォーマンスに相応しい、洗練された鳳格をまとう特別なインテリア。

上品なボルドーとシックなブラックを組み合わせた本革シートに、仕立ての良さとこだわりを感じさせるレッドステッチをあしらった。

また各所に配したダークキャストメタリック加飾がシャープに煌めき、その空間にさりげないアクセントを加える。

ここには、落ち着いた大人の雰囲気を漂わせ、至高の走りへの期待感を昂らせるクオリティが隅々に息づいている。

改めて新型レヴォーグのグレード別価格帯をおさらいしておこう

最後に新型レヴォーグのグレード別価格帯をおさらいしていきましょう。

【新型レヴォーグのグレード別価格帯(10%税込み)】

・(エントリーグレード)GT:3,135,000円
・GT・EX:3,520,000円

・(中間グレード)GT-H:3,355,000円
・GT-H・EX:3,740,000円

・(上位グレード)STi Sport:3,740,000円
・STi Sport・EX:4,125,000円

最も安価なグレードでも313.5万円からのスタートになりますが、ここにアイサイトXの装備を追加するだけで約29万円~35万円追加になってしまいます。

既に販売終了している現行レヴォーグだと291.5万円~368.5万円となるため、アイサイトXを装備すれば結構な価格アップとなりますね。

新型レヴォーグの気になるエンジンについてですが、新開発となる排気量1.8L 水平対向4気筒直噴ターボエンジンが搭載され、最高出力177ps/最大トルク300Nm(30.6kgf・m)を発揮(ディーラーの最新スタッフ資料にも記載されています)。

そして気になるガソリンの種類ですが、今回の新開発エンジンでは、熱効率40%以上と圧縮比UPに加え、リーンバーンターボ特有の技術を活かすためにハイオクガソリンは推奨せずレギュラーガソリンなるとのことです。

【LEVORG PROTOTYPE STI Sport Driving Impression Movie】

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆