フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグSTI Sportの情報解禁!何とドライバーの顔を自動認証→登録されたドライバーのドライブモードを呼び出す近未来の車に【動画有】

やっぱり新型レヴォーグを選ぶならばSTI Sportがベストバイか?

2020年8月20日(木)に先行予約がスタートし、2020年10月15日(木)に発表、そして2020年11月26日(木)に発売スタート予定となっているフルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグ(Subaru New Levorg)。

いよいよ8月20日より新型レヴォーグの詳細情報が解禁となり、既に当ブログではスタンダードモデルの内外装の概要をご紹介してきましたが、今回は最上級グレードとなるSTI Sportの概要をインプレッションしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

STI Sportは、スタンダードグレードに比べて内外装がスポーツ志向へと切り替わり、更にはこのグレードでしか体感することのできない電子制御ダンパーやドライブモードセレクターが標準装備されることで、より一層の特別感はもちろんですが、今後の自動車に新たなる革命を引き起こしてくれそうな、そんな期待の持てる一台なのではないかと考えています。


電子制御ダンパーはある意味ドライバーの性格を丸裸にする機能かもしれない

今回は外観からではなく走りの面からチェックしていきたい思いますが、やはり新型レヴォーグSTI Sportの一番のポイントは電子制御ダンパー。

動画でもご紹介している通り、路面の凹凸や段差に対してダンパーがリニアに反応することで、車体の揺れを抑えることはもちろんですが、おそらく乗り心地もカタメに設定しているでしょうから、こういったところはスポーティな走りをしつつもロングドライブに適したグランドツーリングっぽいモデルになるのではないかと思ったり。

更に足回りがレスポンス良く追従することで、直感的にドライバーが今どのような道を走行しているのかを瞬時に伝えることができ、その道の危険度や、同乗者に対する配慮、自身の運転スキルを評価できるのではないかと考えていて、特にこういった技術はアウディ/ランボルギーニのマグネティックライドコントロール(磁性ダンパーシステム)に倣うところでもあると思うので、実際に自分が試乗してみてどのように感じるかをしっかりとインプレッションしたいところです。

新型レヴォーグSTI Sportのいドライブモードセレクトや内外装デザインは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう