はっきり言って完璧だ…フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグSTI Sportの内装をインプレッション。トランクや後席の実用性は国産トップレベルかも【動画有】

新型レヴォーグSTI Sportをインプレッションしていこう

それでは早速、新型レヴォーグSTI Sportのエクステリアに続きインテリアのインプレッションを行っていきましょう。

まずはトランクルームから見ていきますが、ステーションワゴンクラスでは珍しいハンズフリーオープンパワーリヤゲートを標準装備。

これはかなり有難いポイントですが、キックバック式ではないところも重要なところだと思います。

ハンズフリーは、リヤエンブレムの六連星に手をかざすだけで自動的にオープンするため、自分が近未来的なクルマに乗っているような感覚になりますね(ギミック感があふれていてグッド)。


リヤトランクルームの評価はかなり高いぞ!

そしてリヤトランクルームはこんな感じ。

ディーラーオプションとなる絶縁マットが設けられていますが、アウトドア向けの方にはおススメの装備ではないかと思います。

そして個人的に驚いたのがこの装備。

何とラゲッジサイドには後席を倒すためのレバーが設けられているんですね(しかも両サイドに)。

これはかなり便利ですね。

おまけに後席のセンター部分のみを倒すことができる4:2:4可倒式にも対応していて、長尺タイプのスキー板なども収納できるので非常に便利。

この機能は、トヨタ新型ヤリス・クロス(Toyota New Yaris Cross)でも採用されているのですが、新型レヴォーグによって一瞬で良いとこ取りされた感がありますね。

ちなみに後ろから見るとこんな感じ。

4人乗れる上にスキー板が置けるという便利仕様。

おまけに絶縁マットも敷かれていたら汚れも気にしなくて済むので便利。

こちらはスライド式の二段トレイ。

ディーラーオプションではなく標準装備というのも嬉しいポイントです。

運転席周りもチェックしていこう

ここから運転席周りを見ていきましょう。

STI Sportでは、ボルドーとブラックのバイカラー本革シートを採用し、ボルドーのカラードステッチを縫合しています。

そして内ドアトリムにはカーボン調のオーナメントパネルが装着され、かなりスポーティな印象を与えていますね。

サイドシル部分には、ディーラーオプションとなるSTI専用サイドシルプレートを装備。

コチラが本革シート。

ボルドーがメインで、背中の部分にはブラックという渋いスタイル。

動画投稿主によると、シートの座り心地はかなり良くなっているとのことです。

そしてSTI Sportでは、ステアリング後ろにパドルシフトを標準装備。

ヘッドライトレバーも、”AUTO”がデフォルトになっていますね。

メーター類は、アイサイトX非装着となるためフルアナログですが、センターは4.2インチTFTマルチカラーインフォテイメントシステムを装備します。

そしてこちらが、STI Sportのみ標準装備されるドライブモードセレクタシステム。

ドライバーの好みによって、パワーユニットやステアリング、サスペンション、アイサイト、エアコンといった細かい調整ができるIndividualも準備され、最大5人分の設定が可能となっています。

アイサイト用カメラはフロントガラスと一体型となり、別途ドライブレコーダーの装着が可能となっていますが、フロントガラスが割れたときの修理費用は相当なものになるでしょうね。

こちらはサンバイザー裏に設けられるバニティミラーとバニティランプ。

残念ながらLEDではありませんが、ディーラーオプションにてLEDバルブに変更することも可能になっています。

後席はかなり広々とした空間のようだ

こちらは後席エリア。

フロント同様にボルドーのソフトパッドやカーボン調のオーナメントパネルが装備されて一切手抜きがありません。

後席スペースはこんな感じ。

後席スペースは、身長170cmぐらいでも30cmほど確保されるそうで、かなり充実した居住空間となりそうです。

後席専用のエアコンの吹き出し口やUSBポート、そして後席シートヒーターも標準装備なので、スマホの充電はもちろんのこと、冬場のシートヒーターも重宝されるでしょうね。

【SUBARU NEW LEVORG STI SPORT Dynamic&Stylish エアロ装着!オプション満載 9インチナビはこれだ!スバル 新型レヴォーグ STI SPORT 内外装チェック!】

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう