フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートはやはり国内初プラットフォームを採用する?そして気になるスタッフマニュアルの配信はどうなった?

2020-10-14

まずは新型ノートのスタッフマニュアルの配信について

既に7月あたりから何度も公道にてテスト走行が行われている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノート(Nissan New Note)の開発車両ですが、このモデルに関するスタッフマニュアル資料が2020年8月のお盆明けにディーラーに配信される予定と説明したものの、いつもお世話になっている日産ディーラーに問い合わせてみたところ、どうやらまだスタッフマニュアルは配信されておらず、メーカーからも特にこれといった通知も来ていないとのこと。

昨今の諸事情により、先日発売されたばかりとなる新型キックス(New Kicks)も何度か発表・発売が遅れたこともあるため、恐らく新型ノートも同様の理由にて遅れている可能性が高く、もしかすると2020年10月といわれていた発表時期もずれ込むのではないか?ともコメントしていました(もしもディーラーから発表・発売時期が遅れるなどの正式な通知が入りましたら、当ブログにてすぐに展開していきたいと思います)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ノートの開発車両は何台かテスト走行を実施している模様

そして先述にもある通り、既に新型ノートの開発車両が関東近辺にてテスト走行を行っているとのことで、当ブログでも開発車両は何度かご紹介していますが、改めて見てみるとカモフラージュは全体的に非常に分厚めで、仮ナンバーも「・・・9」となっていますが、なかには「・・・7」「・・・2」といったナンバーを装着した開発車両も目撃されていることから、様々なグレードでの燃費データーチェックや走行確認などを行っていると思われる一方、グレードによってヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトのデザインも異なっているため、この点も今後どのように変化するのか注目したい所です。

ところで新型ノートのプラットフォームやボディサイズ、パワートレイン、予想される価格帯はいくらぐらいになる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう