スバル・レガシィ/インプレッサ/XVに計11万台超えの大量リコール!ヘッドランプなどの光軸がズレて視界が悪くなる恐れアリ

HIDヘッドランプを使用し続けると輝度が徐々に低下してくる恐れアリ

スバル・レガシィ(Subaru Legacy)の1車種・計116,540台に大量リコール!

リコール内容としては、HID仕様のヘッドランプ(すれ違い用前照灯)において、内部構成部品であるバルブと反射面の仕様の組み合わせによって、バルブからの紫外線により反射面の劣化が促進されるものがあるとのこと。

そのため、そのまま使用を続けると反射面のアルミ蒸着が剥離し、光度が徐々に低下して、最悪の場合、保安基準第32条(前照灯の基準)に適合しなくなるおそれがあるとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故は発生していないものの、既に261件もの不具合が発生していて、市場からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[レガシィ]
・DBA-BM9/BM9-003859 ~ BM9-025338/平成 21 年 7 月 1 日 ~ 平成 25 年 4 月 8 日/14,737台

・DBA-BMG/BMG-002001 ~ BMG-004925/平成 24 年 4 月 10 日 ~ 平成 26 年 8 月 28 日/2,506台

・DBA-BMM/BMM-002001 ~ BMM-009726/平成 24 年 4 月 13 日 ~ 平成 26 年 9 月 5 日/7,329台

・DBA-BR9/BR9-006265 ~ BR9-077124/平成 21 年 7 月 1 日 ~ 平成 25 年 3 月 27 日/53,693台

・DBA-BRF/BRF-002419 ~ BRF-009240/平成 21 年 7 月 1 日 ~ 平成 26 年 8 月 28 日/1,814台

・DBA-BRG/BRG-002001 ~ BRG-011746/平成 24 年 4 月 9 日 ~ 平成 26 年 8 月 29 日/7,963台

・DBA-BRM/BRM-002001 ~ BRM-033590/平成 24 年 4 月 11 日 ~ 平成 26 年 8 月 29 日/28,498台

改善措置としては、全車両のバルブを対策品に交換し、その上でヘッドランプの光度を点検し、所定の光度を満たさないものはヘッドランプボディを対策品に交換するリコール作業を実施するとのことです。

このほかにも、インプレッサやXV等もリコールの対象に…具体的な不具合内容や台数は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう