【速報】2022年に「ラ・フェラーリ」の後継となるハイパーカーが登場する模様

速報レベルではありますが、2022年にフェラーリの新たなハイパーカーモデルが登場するとの情報が公開に。
これは、Michael Leiters氏が、Autocarに対して研究開発中期計画を発表した際に明らかになったもので、「ラ・フェラーリ」に次ぐ後継モデルを今後約6か月にわたってロードマップを作成、そこから3~5年をかけて設計・開発を行っていくとのこと。

その中でも明確となっている情報として、「ラ・フェラーリ」の後継モデルに搭載されるパワートレインは、これまで同様に「V12エンジン+モータ」のハイブリッドモデルになるとのことですが、こちらは以前の記事からフェラーリのCEOであるセルジオ・マルキオンネ氏が明らかにしていましたね。

スポンサーリンク

今後、より一層に排ガス規制が厳しくなる中で、電気システムを最大限に発揮できるパワートレインを開発していく一方、サスペンションやエアロダイナミクスやキャビン等といった、あらゆるパーツをF1にて培ってきた技術を駆使し、「ラ・フェラーリ」を圧倒的に凌駕するハイパフォーマンスモデルが登場する可能性も十分にあるため、その期待値は相当に高いと思われますね。

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう