アポロが新型ハイパーカー「IE」のティーザー画像を公開。最強のV12モデルが登場か

ドイツの自動車メーカであるアポロ・オートモービルが、新型のハイパーカーとなるティーザー画像を公開に。
今回公開されているティーザー画像は、リヤデザインがうっすらと写っているもので、恐らく車両ネームであろう「IE」と記載されていますね。

また、センターに向けて湾曲している複雑な大型リヤウィングや、何ともユニークな形状のテールパイプを確認することもできるも、果たして本当にこのようなデザインで登場するのかどうかは不明なところ。

スポンサーリンク

以前、アポロはスイス・ジュネーブモーターショー2016にて、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載するコンセプトモデル「アロー」を公開しましたが、恐らくそれよりも更に過激なV型12気筒モデルとして登場する可能性が高いとのことですが、まだまだ不明な部分が多いため、あくまでもコンセプトモデルのみの公開で、「アロー」同様に販売までには至らない可能性も高そうですね。

Reference:CARSCOOPS

関連記事:アポロの新作「アロー」にカーボン製シャシーを採用。軽快かつ過激に

2013年、グンペルト社が倒産し新たなスタートとして設立されたアポロは、今回新たなラインナップとして登場したミッドシップスーパーカー「アロー」の概要を一部発表しました。

その概要というのは、「アロー」に備え付けられるシャシーが、独自開発にて製作された「SCG003」というスーパーカーに採用されたカーボンファイバー製のものを採用しているということ(「アロー(上図左)」、「SCG003(上図右)」)。

このカーボン製シャシーを採用することにより、走行性能を向上させることはもちろん、10kg以上の軽量化が施され、軽快かつ「アロー」の過激デザインによりハイスペックな一台を作り出しています。

なお、「アロー」のパワートレインは、アウディベースの排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載しており、最高出力や内装のデザイン等は来年3月のジュネーブにて公開するとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう