日産「GT-R」のアフタファイヤを見よ。マフラから放つ火炎放射はまさに「ドラゴン」【動画有】

インスタグラマーの「rocketsilvergtr」氏が、自身の所有するカスタム済みの日産「GT-R」を空吹かしし、リヤマフラからアフターファイアを解き放つ動画を公開。
アフターファイアは、燃調や点火時期の狂いや設定により、燃焼室で爆発しなければならない混合気が燃焼されずにマフラに行き届いてしまい、エキゾーストマニホールド(エキマニ)やマフラーの熱で火が付く現象を指しているため、レーシングカーのような意図的なものでなければ、中々お目にかかるのは難しい現象ですね。

スポンサーリンク

なお、このカスタムされた「GT-R」は基本的なパワートレインは変更されていないものの、ECUプログラムにより約1,000psまでチューニングされ、更には点火タイミングを制御するコンピューターを細かく制御していることにより、以下のような火炎放射を放つところまで改造したとのこと。

なお、この個体の放つ驚異的な姿から、「ドラゴン」というあだ名が付くほど。
動画では、その勢いを感じ取ることは難しいものの、実際に間近で見ればその脅威と迫力はとんでもないものであることは間違いなさそうですね。


Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう