ランボルギーニからシューティングブレーク?フェラーリ「GTC4ルッソ」を意識した謎のレンダリングが公開に

今年の12月4日に、ランボルギーニからスーパーSUVモデル「ウルス」が発表されることが判明していますが、その一方で謎のシューティングブレーク・コンセプトと思わしきレンダリング画像が公開に。
コチラのは個体は、ロシアのデジタルアーティストであるイゴール・シチコフ氏がデザインしたもので、ランボルギーニ「セストエレメント」「レヴェントン」「エストーケ」をモチーフに独自に描いた唯一無二のスーパーシューティングブレークなのだとか。

スポンサーリンク

ライバルとする個体は、フェラーリ「GTC4ルッソ」であるとのことで、パワートレインはおそらく「アヴェンタドール」と同様で排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載を予想しますが、「ウルス」と共通のパワートレインの排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンないしは強力なプラグインハイブリッドの可能性も。

フロントエンドデザインはかなり攻撃的且つ角張った印象を受け、フロントグリルがエアインテーク含めフラットに3つ存在していますね。

サイドパネルは異様なまでに複雑なプレスラインで、強烈なエッジが効いています。
フロントボンネットからAピラー、ルーフにかけての流線が非常に独特で、おまけにルーフからりやハッチまでのラインは若干の傾斜を持たせて少しずつ下っていることが確認できますね。

上部のデザインはこんな感じ。
ガラスとボディパネルの配置が非常に複雑ですね。ルーフとリヤハッチの間につなぎ目があることが確認できますが、リヤハッチは収納用のトランクスペースを設けているのかもしれません。

ちなみに、この個体は主にトラベル・レザー用としてデザインされており、モデルもトラベル目的の女性を対象に。
ただ、これだけの攻撃的なスタイリングを持つ個体から、女性が下りてきたら相当にびっくりしますね。

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう