レクサス「LS+コンセプト」がプレビュー。次世代フィロソフィを持ち2020年に導入へ

本日より開催の東京モーターショー2017にて、レクサスの新型コンセプトモデル「LS+コンセプト」がプレビュー。
レクサスは先日、フルモデルチェンジを果たした最新フラッグシップセダン「LS500/LS500h」を発表したばかりですが、今回公開している「LS+コンセプト」は、次世代の「LS」且つ同社の設計フィロソフィを採用することで、ブランドの親しみを含めたスピンドルグリルや冷却及び空力抵抗を考慮したデザイン、レーザー式のヘッドライト・テールライト、小型カメラによるサイドミラーの代用等、今後のレクサスを示す重要なベースモデルとして登場しています。

関連記事:レクサス・新型「LS」が遂にフルモデルチェンジで販売スタート。これが最強のフラッグシップセダンだ【動画有】

スポンサーリンク

なお、今回発表の「LS+コンセプト」は、高速走行においても自律走行可能な技術を搭載し、2020年に導入予定。もちろん、車両との安全な距離を維持しながら、車速調整や車線変更も行うことが可能なラグジュアリーモデルとも言えます。

外観については、あくまでもコンセプトモデルとなるため、市販化に至るまでに大きなデザイン変更が行われるも、レクサスのシンボルでもあるスピンドルグリルはもちろんのこと、メッシュ(網目)を模したダミーグリル、そして両サイドにはアローヘッド(L字型)を幾重にも重ねたブルーライン、更にその外側は本物のメッシュグリルとなっていますね。
フロントヘッドライトも、かなり思い切ったアローヘッド形状のシームレスライトになっています。

リヤデザインもこれまたアローヘッドを幾重にも重ねたリヤテール周りに加えて、ブガッティ「シロン」のようなリヤテールランプを一本化したデザインを採用。

サイドのデザインを見てみると、これは新型「LS」同様に5ドアクーペのスタイリングで、ロングホイールベースはもちろん、フロントオーバーハングは中々に短めとなっていることが確認できます。

サイドミラーはおそらくカメラ式と思われますが、この「LS+コンセプト」にはやたらブルーのアクセントが加えられています。

よくよく確認してみるとホイールも同様のことが言えますね。
なお、この個体のパワートレインについては全く詳細が明らかとなっていないものの、水素燃料を用いたFCVモデルないしはEVモデルとして登場する可能性はありそうですね。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう