米国メーカ >シボレー

2019年モデル・シボレー「カマロSS」のフェイスリフトモデルが遂に公開。洗練されたLEDヘッドライトが印象的【動画有】

先日、突如として2019年モデル・シボレー「カマロ」のフェイスリフト版が公開されましたが、今回早くもプロダクションモデルのレビュー動画が公開されています。
今回公開されているのは、フェイスリフト版「カマロSS」で、フロント・リヤバンパーを含め全体的にアグレッシブなデザインへと変化。

スポンサーリンク

特にフロントフェイスについては、大幅に再設計が施されているということで、ダクトの面積を増大させて気流を改善。
ヘッドライトは洗練された新たなLEDヘッドライトを標準装備しています。
上部と下部のグリルも完全再設計され、SSモデルには”Flowtie”と呼ばれるものが搭載され、エンジンへの通気量を増大させるとのこと。

リヤデザインは何とも立体感のあるスモーク風テールランプが印象的ですね(何ともメカメカしい…)。
若干控えめなリヤウィングが搭載され、リヤウィングの中央ピラーにはリヤビューカメラが内蔵されています。
マフラーは何ともスポーティな両サイド2本出しのクワッドエキゾーストシステムを装備。

ちなみに、機能性においては、新たなアンビエントライティングや衛星ナビゲーションシステムを備えたシボレー・インフォテイメント3システム、そして上位グレードの”2SS”と”ZL1”にはリヤカメラが標準装備されます。

今年後半に発売予定となっている2019年モデルのフェイスリフト版「カマロ」ですが、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載する”1LE”グレードと、V型6気筒エンジンを搭載する”SS”(今回動画にて公開されているグレード)、”ZL1”やエントリーグレードの”1LE”には、6速マニュアルトランスミッション、大型のフロント・リヤスタビライザーバーを備えたFE3サスペンション、チューニングパッケージ、リヤクレードブッシング、クロスアキシャルボールジョイント、ブレンボ製トラックモード/コンペティションモード/ドライバモードセレクター、フラットボトムステアリングホイール、20インチタイヤが標準装備となります。

なお、エントリーグレードの”1LE”には、ホンダ「シビック・タイプR」をベンチマークとした排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力275hp、最大トルク400Nmを発揮。
現時点ではV6エンジンとV8エンジンについては特に言及されていませんが、”SS”グレードついては、グレードバッジやエアカーテンを装備。そして10速Hydra-Maticオートマチックトランスミッションが搭載される可能性が高いと言われています。

【2019 Camaro SS walk around】

関連記事:シボレー「カマロ」のフェイスリフト版が遂に公開。表情は更にイカつく、”SS”は10速ATを追加(2018/4/10投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-米国メーカ, >シボレー
-, ,