ポルシェ「カイエン・クーペ」の開発車両を初キャッチ。トップグレードは671馬力発生か

「カイエン・クーペ」初の開発車両をキャッチ

以前、ポルシェのミッドサイズSUVモデル「カイエン」より、新たなスタイリングとなる「カイエン・クーペ」の生産承認がおり、本格的に生産スタートすることが明らかとなりましたが、今回早くもそのモデルの開発車両をキャッチ。
「カイエン・クーペ」は、第3世代の「カイエン」をベースに、スポーティな要素が加味されるだけでなく、現行「パナメーラ」のフロントフェイスやテールゲート、リヤライトユニットが上手く反映されるであろうモデルになるとのことですが、実際に目撃されている個体を見てみると、まさにSUVをクーペ風に引き締めたかのような”大型クーペ”といった印象ですね。

スポンサーリンク

まだまだ開発段階。しかし、スタイリングはほぼ完成状態?

今回、給油後のガソリンスタンドにて目撃されているこの個体は、フロントバンパーには、ブラックのテープのようなものが貼付され、Bピラーから後ろに向かってより傾斜したルーフは、SUVモデルとは大きく異なるところではありますね(特にサイドから見るとクーペ感はかなり強い)。

今回ガソリン給油中に、インテリアのデザインもキャッチされていますが、こちらはまだまだ持ちこされている部分がありますが、BMW「X5/X6」やメルセデスベンツ「GLE/GLEクーペ」といった競合モデルに比べるとラグジュアリーさに欠ける部分があるため、まだまだ改善していく必要がありそうですね。

リヤデザインはこんな感じ。
両サイド2本出しのクワッドエキゾーストパイプをインストールしている辺り、「カイエン・クーペ」の中でもトップグレードのターボモデルが濃厚といったところでしょうか。
ちなみに、ポルシェは既に「パナメーラ・ターボS Eハイブリッド」に採用されるハイブリッドパワートレインを「カイエン・クーペ」のトップグレードに適用する方向にて進めており、最高出力も671hpにまで到達する計画となっています。
なお、この個体は、従来の「カイエン」同様にライプツィヒ工場にて生産されることも確定していて、遅延無く計画通りに進めば年内の発表は確実とも言われています。

☆★☆「カイエン・クーペ」関連記事2選はコチラ!☆★☆

遂にポルシェ「カイエン・クーペ」の生産承認がおりる。年内の公式発表は確実か(2018/6/11投稿)
ポルシェ「カイエン・クーペ」の登場は未定。ポルシェ・ボス「顧客との話し合いが一番の決定力を持つ」(2017/9/16投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう