帝王・マクラーレン「720S」とシボレー「コルベットZR1」がドラッグレースバトル。帝王が速過ぎて話にならない件【動画有】

今回の獲物は誰だ?

ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」とシボレーの中でも”コルベット史上最強モデル”と謳われた「コルベットZR1」がドラッグレースバトル。
マクラーレン「720S」は、スーパーシリーズ「650S」の後継モデルとして登場し、エンジン性能や外観を大幅に変更してきたマクラーレンの攻めの一台で、これまでドラッグレースバトルしてきたポルシェ「918スパイダー」やブガッティ「シロン」、テスラ「モデルS P100D」等、加速性能においてずば抜けて速いモデルたちをいとも簡単に撃破してきました。

一方で、シボレー「コルベットZR1」はほとんどドラッグレースバトルにて顔見せは出来ていませんが、最高時速を公称値よりも大幅に更新してくるなど、内に潜めた力を隠し持つ究極の1台となります。

スポンサーリンク

早速、各車両のスペックを確認してみよう

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,403kg

【シボレー「コルベットZR1」】
エンジン:排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジン
最高出力/最大トルク:765ps/968Nm
トランスミッション:8速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,598kg

いざ勝負!…あれ?ちょっと…待って…

最大431kgのダウンフォースとZTKパッケージを備えて体勢準備は整ったシボレー「コルベットZR1」。
一方のマクラーレン「720S」はフルノーマルでのバトルとなりましたが、初っ端「720S」が少し遅れてのハンディキャップ方式においては、そのあまりにも速過ぎる同車の初速と後半の加速していく伸びにより圧倒的勝利。

その後のハンディ無しでのバトルにおいても、絶妙なまでの「720S」のトラクションコントロール性能と後半の伸びにより、一方的に「コルベットZR1」を突き放していきます。
まるで話にならない今回のドラッグレースバトルですが、「720S」を苦しませるモデルが今後登場するのか非常に気になるところです。

【2019 755 HP Chevrolet Corvette ZR1 1/4 mile and Roll Racing vs 710 HP McLaren 720S】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

やっぱり帝王は帝王だった。マクラーレン「720S」とテスラ「モデルS P100D」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/7/12投稿)
夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】(2018/6/30投稿)
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)
意外にも実現しなかった組合せ。日産「GT-R」とホンダ「NSX」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/2/17投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう