1,166馬力までチューンしたダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャット」と帝王・マクラーレン「720S」がドラッグレースバトル。運命の勝敗はいかに?【動画有】

帝王「720S」遂に大ピンチ?!

ランボルギーニやフェラーリ、テスラ、シボレー、ダッジとハイパワー且つ加速性能に富んだスーパースポーツモデルたちをことごとく粉砕してきた帝王・マクラーレン「720S」。
今回は遂に、ドラッグレースに特化したモデルを反則と言わんばかりに鬼カスタムした挑戦車が帝王に挑みます。

今回帝王に挑むのは、ダッジのハイパフォーマンスモデル「チャレンジャーSRTヘルキャット」で、この個体の加速性能とパワー・トルクをギリギリまで引き上げるために”大人げない”フルチューンを行っています。
前回、「チャレンジャー・SRTデーモン」が帝王に挑んだところ、いとも簡単に敗北してしまった苦~い経験もあるため、ダッジサイドとしてはどんな手を使ってでも勝ちたいわけですね。

スポンサーリンク

早速各車両のスペックを見てみよう

【ダッジ「チャレンジャーSRTヘルキャット」】
エンジン:排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジン
最高出力/最大トルク:1,166ps/-Nm
トランスミッション:8速オートマチックトランスミッション
0-100km/h加速時間:3.0秒未満
車体重量:2,018kg

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最高出力/最大トルク:720ps/770Nm
トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,403kg

勝敗の行方はいかに?!

上記スペックの通り、鬼カスタムvsドノーマルモデルとのバトルとなりますが、ここまでカスタムしたからには絶対に負けられない「チャレンジャーSRTヘルキャット」。
お互いスピードがノッた状態からのドラッグレース(ロールレーシングスタイル)バトルとなりますが、お互い一歩も引かない激戦を繰り広げています。

結果的には、ほんの僅差で帝王・マクラーレン「720S」が勝利。
やはり最初の加速の立ち上がりと、後半の加速の伸びが大きく影響したのだと思いますが、1,000psを超える車両でも勝つことのできない「720S」…一体どうすれば帝王を打ち負かすことができるのか、今後の挑戦車に大きく期待したいところです。

【1,150 Horsepower Dodge Challenger Hellcat vs stock McLaren 720S Roll Racing from 45-160 MPH】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

ランボルギーニ「ウラカン」が帝王・マクラーレン「720S」にリベンジマッチ→ハンディ貰うも惨敗【動画有】(2018/7/19投稿)
やっぱり帝王は帝王だった。マクラーレン「720S」とテスラ「モデルS P100D」がドラッグレースバトル【動画有】(2018/7/12投稿)
夢のV12NAバトル実現。フェラーリ「812スーパーファスト」vsランボルギーニ「アヴェンタドールS」のドラッグレースバトル【動画有】(2018/6/30投稿)
1,500馬力チューンの日産「GT-R」と純正1,500馬力のブガッティ「シロン」がドラッグレース他【動画有】(2018/6/5投稿)
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」と日産「GT-R」がドラッグレース→「GT-R Nismo」ガッツリ出遅れで勝負にならず【動画有】(2018/4/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう