VW「トランスポルター」のエンジン載せ替えてみた。3.6Lツインターボ&700馬力で約3,200万円也【動画有】

明らかにクレイジーな「トランスポルター」が登場

フォルクスワーゲンのバンタイプ「トランスポルターシリーズ」にアメリカンマッスルエンジンを搭載した、クレイジーなカスタムモデルが登場。
今回カスタムを施したANB(Autohaus Nordost Berlin)は、エンジンスワップはもちろんのこと、様々なカスタムチューニングを施すメーカで、これまでフォルクスワーゲンモデルでは「ビートル/ゴルフ」を筆頭に数多くのカスタムを施してきました。

スポンサーリンク

アメ車エンジン搭載でマッスル仕様に

今回登場している「トランスポルター」は、T5世代をベースとしたチューニングセレクションモデルで、搭載エンジンは直4から排気量3.6L GM製V型6気筒ツインターボエンジンへとスワップされ、最高出力700hp(オクタン価燃料を変えると740hpにまで向上)/最大トルク925Nmを発揮します。
最高時速は290km/hにまで到達するとのことで、そのスペックたるやもはやアメ車のハイパフォーマンスモデル並となります。

エンジンは大幅に向上しているため、足回りについてもスポーツサスペンションや大口径アルミホイール、低扁平のランフラットタイヤ、大口径ブレーキ、ギヤボックス等、全て一新されています。
なお、これら各種パーツ類を全て交換しカスタムするとなると、そのコストは約3,200万円とランボルギーニ「ウラカン」やフェラーリ「488GTB」が購入できてしまう程。

もはやバンタイプとは思えぬ程の過激モデルへと変貌してしまった「トランスポルター」ですが、これもまた富豪の遊び車として重宝されているみたいで、カスタムの仕方は人それぞれですが、こういった楽しみ方もあるんだなぁとちょっと感心したりもします。

【Weltpremiere: HGP VW [T5] T6 3.6 biturbo [7XX PS] by Autohaus Nordost Berlin】

☆★☆フォルクスワーゲン関連記事5選はコチラ!☆★☆

VW「ビートル」にクライスラー「PTクルーザー」の顔面移植した奇妙なカスタムモデルが販売中。価格は約84万円から(2018/1/11投稿)
AMG「GT」に対抗?カスタム仕様のVW「アルテオン」がかなり攻めている件(2017/9/3投稿)
VWが大型キャンピングカーのティザースケッチを公開。バスルーム完備、「カリフォルニアXXLコンセプト」の市販版か(2018/7/5投稿)
これは珍しい。VW「ビートル」+トレーラー(リヤウィング付)を車高短仕様にする猛者が登場【動画有】(2018/6/1投稿)
かなり珍しい”ハレキン(HARLEKIN)”仕様のVW「ゴルフGTI」が登場。ところで”ハレキン”ってどういう意味?【動画有】(2018/5/11投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう