ペブルビーチにて、メルセデスベンツが「エレクトリック・シルバーアロー・コンセプト」を発表へ。1930年代のレトロを再現か【動画有】

メルセデスベンツが謎のティーザー映像を公開

今月末の8月23日より開催するぺブル・ビーチ2018にて、メルセデスベンツの新たなコンセプトモデル「エレクトリック・シルバーアロー・コンセプト」が世界初公開されることがわかり、更にこのコンセプト画像に関するティーザー映像がリリースされました。

スポンサーリンク

今回Facebookに公開されたティーザー映像では、メルセデスベンツのチーフデザイナであるGorden Wagener氏が、用紙に簡易的にスケッチしていくシーンのみ公開していますが、そのスタイリングだけを見ていくと、1930年代あたりの戦前のグランプリレーシングモデルを彷彿させるようなレトロな仕上がりに見えますね。

今現在メルセデスベンツが開発を進めているエレクトリックサブブランド「EQ」と何かしらの関係性があると思われる「エレクトリック・シルバーアローコンセプト」ですが、電動パワートレインを搭載することは間違いなさそうで、同社が2016年のパリモーターショーと2017年のフランクフルトモーターショーにて明らかにした「EQC/EQAコンセプト」の更なる進化形態になると予想。

そうなると、これまでの流れを鑑みると市販化の可能性は一気に薄れてしまうわけですが、メルセデスベンツとしては、2022年までに10車種のエレクトリックモデルのラインナップ化を図っていくうえでの重要なプレスリリースになると思われます。

☆★☆「EQ」関連記事2選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツがフランクフルトMにて「EQ Aコンセプト」を公開。加えて2022年までには10車種のEVも販売(2017/9/13投稿)
メルセデスベンツが新たに「EQ Aコンセプト」のティーザー画像を公開。フランクフルトモーターショーにて登場予定(2017/9/3投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう