7月16日の発表まで残り1日!日産・新型「スカイライン(SKYLINE)」の開発車両が続々登場!ウィンカーの点滅はどこ?お得なディーラオプションも公開

~最後の大詰めなのかテストカーの目撃情報続々!~

7月16日(火)の記者発表まで、残すところ1日となったビッグマイナーチェンジ版の日産・新型「スカイライン(Nissan SKYLINE)」。
既に当ブログでは、グレード別価格帯やメーカオプション内容、実車インプレッションの記事を公開してきましたが、今回も発表日直前ということでテスト走行を実施している新型「スカイライン」の開発車両が複数目撃されています。

上の画像の通り、栃木県・宇都宮市の日産本社近くにて全くカモフラージュ無しの状態にて走行する新型「スカイライン」。
フロントにはVモーショングリルが採用され、フロントヘッドライト周りやフロントフォグ周りも小変更が加えられています。
ボディカラーは、今回のビッグマイナーチェンジによって新設定されたカーマインレッドで、+140,400円の有償カラーとなります。

~新型「スカイライン」のウィンカーはこうやって点滅する~

こちらも、日産本社近くにて目撃された新型「スカイライン」の開発車両。
何とリヤウィンカーの点灯部分がチェックできます。
どうやら2灯丸型テールランプの外側が点滅する仕組みになっているようですね。

ただ、改めてこうしてリヤデザインを見てみると、マツダ「アテンザ/マツダ6(Mazda6)」風に見えてしまうのがちょっと残念なところ。
いや、十分すぎる程に美しいプロポーションと上品な色合いを持っているんですけどね。

スポンサーリンク

~気になるディーラオプション内容もチェックしてみよう~

最後は新型「スカイライン」に設定されるディーラオプションを見ていきましょう。
新型では、ディーラのおすすめパックオプションが存在しますが、それが500,354円ととにかく高額。
一体どのような内訳となっているのか、そして単体での価格(全て8%税込)はどうなっているのかもチェックしていきましょう。

まずはベーシックパックですが、これは「プラスチックバイザー/ナンバープレートリムセット/プレミアムフロアカーペット(消臭機能付き)」が全てセットになるそうで、その価格帯は93,096円となっています。

その他は、ドライブレコーダーが38,190円アンビエントLEDライトシステム(おもてなし間接照明)が99,576円セキュリティ&セーフティパック・プレミアム(ドアミラー自動格納装置/セーフティイルミネーション/カーアラーム/超音波センサ/傾斜センサ/お知らせリモコン/バッテリ内蔵サイレン)が74,465円にて販売されます。

続いてはエアロやコーティング関係。
リヤスポイラーは60,110円スタイリッシュマッドガードは37,152円バンパープロテクションフィルムは10,519円ホイールロックセット(平座ナットタイプ)は11,808円ウィンドウ撥水(12か月)は10,098円、そして5Years Coatは65,340円となっています。

ちなみに、アンビエントLEDライトシステム(おもてなし間接照明)には、マップランプとインナーシルライト、シフトスポットライト、イルミネーション付キッキングプレート、フットランプといった多くのランプが装備されます。

そして最後はカーボンエクステリアパッケージ。
サイドミラーカバーとリヤスポイラーにカーボンを採用したスポーティなエクステリアオプションで、その価格帯は278,236円と中々に高額ではありますが、かなり満足感の高いオプション内容ではないかと思いますね。

~発表は7月16日AM10:00~、絶対に見逃すな!~

【【中継】新型「 #スカイライン 」発表記者会見】

☆★☆新型「スカイライン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう