何コレカッコいい!トヨタ「ラッシュ」の後継モデルとなる新型「ライズ(RAIZE)」が完全リーク。確かに噂通り「ミニRAV4」、ダイハツ新型「ロッキー」と異なる点は?

2019-10-27

~まさかの発表前に完全リーク!~

先日より開催中の東京モーターショー2019にて、ダイハツブースではサプライズ出展として、11月5日に新型コンパクトSUV「ロッキー(ビーゴの後継)」がデビューしますが、その一方でOEMモデルとなるトヨタ新型「ライズ(ラッシュの後継)」もデビュー予定であるも、まさかのこのタイミングでフロントフェイスがツイッターにて完全リークしています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

しっかりとフロントナンバープレートなどには英語表記にて「ライズ」と記載されていますが、スペルでは”RAIZE”なんですね。
ちなみに”Raise”だと「持ち上げる」という意味合いが込められていますが、今回の場合”s”のところが”z”になっているので、特別な造語としての意味合いが込められているのかもしれません。

▽▼▽新型「ライズ」の新たなリーク記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「ライズ」のデザインをチェックしていこう~

改めて今回のリーク画像を見ていきましょう。
まずは、ボディカラーがかなり個性的な2トーン仕様となる新色の「ブラックマイカメタリック×ターコイズブルーマイカメタリック」ということで、このカラーを選択するとオプション費用として55,000円が発生します。

フロントフェイスは、以前より噂されていた通り、確かに「ミニRAV4」っぽい力強い顔つきになっていますね。
フロントヘッドライトは、ダイハツ新型「ロッキー」同様にアグレッシブになっていますが、もう少し釣り目にしたような印象を受けます。

そしてその下にあるデイタイムランニングライトらしきフラットバーがありますが、ここは新型「ロッキー」では縦型になっていましたね。更にその下がフロントフォグランプでLEDを採用している可能性が高そう。

そしてここが新型「ロッキー」と大きく異なる点ではないかと思いますが、フロントグリルはやはりトヨタのアイデンティティでもあるキーンルックを使用し、新型「ヤリス(旧ヴィッツ)/カローラ」のような雰囲気を取り入れつつ、メッシュグリルでインパクトを強化している感じかと思われます。

~ダイハツ新型「ロッキー」のデザインも見ていこう~

via:https://response.jp/

ちなみにこちらが、ダイハツの新型「ロッキー」。
まるでアウディのような顔つきで、特にフロントエンドのシングルフレームグリルがアウディっぽさを強調させています。
フロントヘッドライト等のデザイン性は新型「ライズ」と共有されていますが、ぶっちゃけ同じダイハツ車という感じではなく、それぞれの個性がしっかりと表現された全く別物の一台ではないかと思います。

~せっかくなので新型「RAV4」も~

そしてこちらが本物の新型「RAV4」。
こうして実車を見てみると「似てる!」っていうわけではないんですけど、どちらかというと派手さで言ったら「ライズ」の方が上でしょうし、「RAV4」はオフロード調が強め、新型「ライズ」は都会派を意識させた一台ではないかと思いますね。

▽▼▽新型「ライズ」関連記事5選はコチラ!▽▼▽

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう