えっ、また?プジョー508/5008/3008/308/シトロエンC4等にリコール。この他スズキ・スイフトやポルシェ新型911カレラ4Sも少数リコール

プジョー/シトロエン/DSはまだまだ耐久性に難あり?

プジョー508/5008/3008/308と、シトロエンC4スペースツアラー/C5エアクロス、そしてDS7の7車種・計1,085台にリコール。

リコール内容としては、エンジンコントロールユニットにおいて、制御プログラムが不適切なため、長時間市中走行した後に急激な加速をした際、尿素SCRシステムが正常に作動していないと誤診断し、警告灯が点灯するおそれがあるとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故は発生していないものの、既に1件の不具合が報告されていて本国からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[プジョー308]
・LDA-T9AH01/VF3LHEHZRKS152038~VF3LHEHZRKS312348/令和元年5月14日~令和元年8月29日/6台

・LDA-T9WAH01/VF3LJEHZRKS310928~VF3LJEHZRKS312637/令和元年8月29日/9台

[プジョー3008]
・LDA-P84AH01/VF3MJEHZRKS226643~VF3MJEHZRKS327494/令和元年7月4日~令和元年8月29日/249台

[プジョー508]
・3DA-R8AH01/VR3FHEHZRKY010807~VR3FJEHZRKY149679/平成31年3月19日~令和元年8月29日/172台

[プジョー5008]
・LDA-P87AH01/VF3MJEHZRKL057336~VF3MJEHZRKS330031/令和元年7月4日~令和元年8月29日/434台

[シトロエンC4スペースツアラー]
・3DA-B787AH01/VF73AEHYRKJ576681~VF73AEHYRKJ738802/令和元年6月21日~令和元年8月29日/54台

[シトロエンC5エアクロス]
・3DA-C84AH01/VR7AJEHZRKL029235~VR7AJEHZRKL087130/令和元年6月21日~令和元年8月29日/59台

[DS 7]
・LDA-X74AH01/VR1JJEHZRJY062476~VR1JJEHZRKY152014/平成30年7月13日~令和元年9月25日/102台

改善措置としては、全車両、エンジンコントロールユニットを対策プログラムに書き換えるリコール作業を実施するとのことです。

このほか、スズキ・スイフトやポルシェ新型911カレラ4Sの少数リコールについては、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう