フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートの開発車両がまたまた目撃に。リヤテールランプとウィンカーはまさかの豆球?インテリアも少しだけ見えるぞ!

12月末の発表・発売に向けて頻繁的にテスト走行が行われる新型ノート

2020年12月23日に発表・発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノート(Nissan New Note)。

以前より新型ノートと思われる開発車両が度々目撃されていましたが、今回は東京都江東区にあるAPITオートバックス東雲にてその姿が目撃されています(画像を提供いただけたB様には心より感謝!)。

今回スパイショットされている新型ノートのリヤデザインですが、ボディ全体にカモフラージュラッピングされているものの、リヤテールランプはしっかりと確認することができますね。


色々と明確になる一方でちょっと残念なポイントも多数

もう少しリヤデザインを拡大してみるとこんな感じ。

こうして見ると、リヤテールランプはLEDではなく豆球のようにも見え、もしかするとグレードもしくはメーカーオプション扱いとなっているのかもしれませんね(トヨタ新型ヤリスクロスも上位グレード以外はLEDは標準装備ではない)。

もちろんその直下にあるリヤウィンカーもLEDではなく、豆球タイプであることが確認できます。

開発車両はフリート向けのエントリーグレード?

あとは足もとのホイールについても、カモフラージュラッピングで隠されてはいるものの、とりあえず明確なのは4穴式で、デュアル5スポークタイプの樹脂ホイールキャップのようにも見えることから、おそらくスチールホイール装着でエントリーグレードのテスト走行を実施しているのではないかと予想されます。

そしてプラットフォームについてですが、これは自動車情報誌マガジンXさんでも報じている通り、ガソリンの給油口が右側(運転席側)に設けられていることを考えると、国内初となる(新型ジューク/ルノー・ルーテシアにも採用の)CMF-Bプラットフォームが採用されることになりますが、それに合わせてボディサイズやトレッド幅も拡大して5ナンバーから3ナンバーサイズへと変更される可能性も高いとのこと。

具体的には、全長4,100mm×全幅1,730mm×全高1,500mmと現行モデル(既に8月3日に販売終了)に比べて全幅+35mm/全高-20mmと欧州車のようなワイド&ロースタイルになる可能性が高く、よりスポーティで空力特性に貢献するようなスタイリングになることが期待されます。

遂に新型ノートのインテリアの一部もスパイショット!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう