ホンダ大丈夫か…フルモデルチェンジ版・新型シビックのインテリアに関する特許画像が完全リーク!外観同様に落ち着いた内装に

次期シビックのインテリアを別の角度からも見ていこう

次期シビックのインテリアとしては、現行のFC/FKに比べてかなり落ち着いた印象で、ハッチバック/セダンの両方ともにスポーティな路線からラグジュアリー路線へとシフトするのかもしれません。

こちらは上部からダッシュボード。

やはりセンターダッシュボードから「ニョキッ」と出てくるナビゲーションシステムになるのでしょうね。

個人的にはセンターインパネに上手く埋め込んだデザインの方が、シンプルでまとまりがあると考えているものの、最近では新型オデッセイ(New Odyssey)に限らずトヨタの新型モデルでもダッシュボード上部にナビゲーションディスプレイを設けていて、ぱっと見で「後付け感」があってチープに見えてしまうんですね。


個人的な注目ポイントはグローブボックス

こちらは助手席側から見たダッシュボード。

グローブボックスは少し寝かせたようなレイアウトになっていますが、どれ位の容量が収納できるのか気になるところ。

ちなみに私が所有するトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)だと、車検証のほかにティッシュボックスひと箱丸々収納できるので、これぐらいの収納スペースがあれば十分だと考えています。

シビック・ハッチバック

これまで、ホンダ次期シビックのインテリアやセダン/ハッチバックの特許画像が立て続けにリークしてきましたが、今後は2ドアクーペタイプのSiやハイパフォーマンスグレードのタイプRもリークする可能性も。

2ドアクーペSiの顔つきはほぼ同じになると考えられますが、タイプRはもう少しガンダムチックな派手目のフェイスになると予想されます。

☆★☆シビック関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IPAustralia

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう