見た目ランボルギーニっぽい5,000馬力超えのEVハイパーカー。アリエノ・アルカナムのSF映画っぽいインテリアが世界初公開!【動画有】

無名のEV新興メーカーが果たしてこのSFチックなデザインを実現することはできるのか?

2018年7月頃、ブルガリアのバルカン半島を拠点とする新興EVメーカー・アリエノ社が、モーター24基を用いてシステム総出力5,221hpを発揮する100%ピュアEVハイパーカーのアルカナム(Alieno Arcanum)を発表しました。

アリエノ・アルカナムとは、イタリア語とラテン語が組み合わさった言葉で「エイリアンの神秘」という意味を持つ何ともヒステリックなモデルですが、このモデルの内装が明らかになっていなかったのか、それともまだまだ開発段階にあるからなのか、今回SFチックなインテリア画像が世界初公開されています。

上の画像を見ての通り、まるで未来のコックピットをイメージしたかのような8つのディスプレイが装着され(情報量が色々ありすぎて走行中に事故りそう…)、更にギアレバーの横には謎の単語がたくさん並べられるなど、「本当にこの技術を現実の世界で採用できるの?」と疑問に思うほど。


ナイトライダー(ナイト2000)の世界を更に進化させたような空間

別の角度から見てみるとこんな感じ。

シートレイアウトは基本的に2シーターで、車内もかなり狭い印象。

そしてこの角度から見ても8つのフル液晶ディスプレイは何ともインパクトがあり、仮に実現しなくとも夢のある未来のハイパーカーとして名を残しそう。

なおアリエノCEOであるEnchoEnchev氏によれば、「アリエノ・アルカナムのインテリアテーマは、SFと未来的なアクセントを備える超モダニズムで、ドライバーが宇宙線のコックピットにいるような感覚を味わってほしい想いから、このデザインをイメージした。コックピットに対する私たちアリエノ社のインスピレーションは、多くの戦闘機のコックピットや、アバタープロメテウスなどのSF映画が由来となっている」と説明しており、これを聞くだけでもヒステリックさがどんどん際立ってくるのがわかります。

なお注目したのは8つのディスプレイだけでなく、フローティングセンターコンソールや冷暖房カップホルダー、冷暖房バケットシート、メモリーロボットステアリングコラムなども採用されているとのことで、この点はまた時間をあけて新たな情報が展開されるのではないかと予想されます。

なおアリエノ・アルカナムの生産開始時期は全く明らかになっていませんが、ベースモデルでも約9,200万円からと非常に高額で、最上位グレードとなると約1.85億円にも上ると言われていますが、せっかくなので具体的なグレード構成も以下の次のページにてチェックしていきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう