日産の新型マグナイトがまたまた完全リーク!更に間近でスパイショットされたフロントマスクやフォグランプ位置、ホイールデザイン等も明確になったぞ

新型マグナイトは見れば見る程によく考えられたBセグメントSUVだと思う

2020年10月21日に量産モデルが世界初公開される日産の新型マグナイト(Nissan New Magnite)ですが、今回も偽装一切無しとなる量産デザインが完全リークしています。

インスタグラムユーザー@nissanarabiaが公開している新型マグナイトのリーク画像を見ていくと、フロントマスクはこれまで通りダットサン譲りのハニカム風グリルフレームを持ち、両サイドには太めのメッキパーツを装備。

そしてグリルパターンは新型キックス(New Kicks)などにも採用されるような水平基調で、フロントエンドのエンブレムは新生Nissanロゴを装着しているのが確認できます。

ヘッドライトなどにも注目していくと、やはり切れ長で奥行きのあるハウジングを採用していますが、この角度からではLEDヘッドライトを搭載しているのか、ハロゲンライトを搭載しているのかは明確ではなく、もしかするとグレードによってライトのデザインも変更されるのかもしれません。

そしてその下部にはLEDデイタイムランニングライトがあり、更に下部には未塗装のブラックバンパー内に上手く収まる形で丸形のLEDフォグランプが搭載されていますね。

至近距離にてスパイショットされた新型マグナイトで注目してほしいのはココ!その気になるポイントは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう