日産・新型マグナイトのインテリアが遂に完全リーク!メーター類は斬新なデジタル、シフトブーツ付きでエアコンも物理&ダイヤスイッチを採用

遂に新型マグナイトの量産モデルのインテリアまでも完全リークしたか

いよいよ2020年10月21日に世界初公開される日産の新型マグナイト(Nissan New Magnite)の量産モデルですが、発表直前にエクステリアデザインが完全リークし、今回はインテリアまでもリークしています。

既にエクステリアデザインの詳細なインプレッションは完了していますが、量産モデルのインテリアは全くの初めてですし、しかもここまで斬新で完成度高めのインテリアが日産から登場したのは珍しく、それだけ新型マグナイトの力の入れようはかなり強いことがわかりますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


フルデジタル液晶のように見せる斬新なアイディア

改めて新型マグナイトのインテリアを見ていくと、メーター類はフルデジタルのように見せかけて、半円のリングが向かい合うようにすることでフルデジタルっぽく見せるという斬新な発想。

実際のところは左端の半円が水温系、右隣りの半円が回転数(rpm)、そして右端の半円が給油メーター、左隣の半円が速度メーターといったレイアウトになっています。

「DOOR OPEN」のポップアップ画面が出てきているので少し見づらいですが、こうすることで12.3インチのフルデジタル液晶ディスプレイっぽく見えるので(実際は7インチ)、このあたりの魅せ方はかなり上手いと言いますか…BセグメントSUVでここまで完成度を高めてきたのはちょっと驚きですね。

メーター系以外のインパネやセンターシフトもかなり完成度高め!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう